2021年 中小企業が新しい時代を生き抜くための webマーケティング戦略

バズ部セミナー画像

※本セミナーはオンラインのみになりました(1月14日記載)

突然ですがみなさまは、2021年を生き抜くためのマーケティングの準備はお済みでしょうか?

また、2020年新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに起こった「ユーザーの変化」を適切に認識しているでしょうか?

2021年は、これまで以上に初動が重要な年と言って良いでしょう。なぜなら2020年という激動の1年を過ごした経験を踏まえて、これからの変化を予測しながらマーケティング戦略を組み立てることができるからです。

端的にお伝えすると、2021年のマーケティング戦略は「ユーザーの情報態度の変化」が鍵を握っています。つまり、ビフォーコロナと比べてユーザーが情報の“信頼性”を重視するようになったのです。

とある調査では、ユーザーの60%以上が情報の「信頼性」を意識するようになったという結果も出ています。つまり、私たちは今まで以上に情報の「鮮度」や「確かさ」を重視していくべきなのです。

しかし、ここ最近私たちの元に届く問い合わせを見てみると、「情報の信頼性」以前にオンラインの活用すらままならない企業が多いことに気づかされました。

時代背景的にも、オンラインを活用したマーケティング戦略はマストです。そのうえで、情報の信頼性を担保しながらマーケティング活動を進めていくことが、2021年を生き抜くポイントになるのです。

そこで今回は、オンラインをフル活用して十分な集客と売上を獲得するための「2021年のwebマーケティング戦略」についてセミナーを開催することにしました。

「2020年の経験を踏まえて、2021年はどのようにマーケティング戦略を組み立てるべきなのか?」

といった、みなさまのマーケティング戦略の指針となるセミナーです。

今回のセミナーは経営やマーケティングに深く関わる

  • 経営者
  • マーケティング責任者

向けのセミナーとなっております。

2021年に取るべき行動のヒントが得られることをお約束します。ぜひ、このメールをよく読んでご参加を検討してください。 

■開催日時:1月25日(月)13:00〜17:00(オンライン参加のみになりました)※1月14日追記

セミナーに申し込む


第一部:ストックするweb施策を活用し中長期で「飛躍的な」事業成長を生む方法

あなたの事業の売上を120%ではなく、2倍、3倍、10倍と向上させる方法が想像できますか?

私のパートでは、まず「売上を”飛躍的に”向上させる為に本当に目を向けるべきポイント」をご紹介します。

中小企業のWebマーケティング戦略を考える場合、一つは、「これだけの費用を投下するとこれだけの売上が得られるという型を作っていく(広告)」こと、そしてもう一つは、「やればやるほど積み上がって行くストック型の施策を中心にする(コンテンツマーケティング)」ことで、安定的な売上の確保と、長期的な利益率の向上を実現していくことが大切です。

しかし、それは分かっていても簡単に実現できることではありません。

さらに、2020年の新型コロナウイルス感染拡大も相まって、企業のマーケティング活動において「web」抜きで話を進めることは、今まで以上に不可能になってきています。ここで、経験が非常に重要になってきます。

どうすればみんなが繰り返すような失敗を防げるのか?

一見すると重要に思えるが、実際のところ本当に重要なのは何か?

私のパートでは、「コンテンツマーケティング」という領域においてわたしたちが今まで積み上げてきた経験をお話できればと思っています。

あなたが作り出すべき「Web資産」を定義し、短期的な結果を出しながら、長期的に競合との埋められない差を生み出す源泉を育てること。それが、あなたの事業・会社を長期的に繁栄させる「鍵」となるでしょう。

ぜひご参加いただき、コンテンツマーケティングであなたの事業の売り上げを飛躍的に向上させ、会社・事業を末長く繁栄させる為のヒントを得て頂ければ幸いです。

<公演内容> ※内容は一部変更可能性がございます。

  • 売上を爆発的に伸ばすために着目すべき1つのポイント
  • コンテンツマーケティングで最も大事な3要素
  • コンテンツマーケティングで設計すべきフェーズ別KPIと具体的な実施タスク
  • 「集客」「コンバージョン」だけでなく「ブランド」に関するKPI設計の重要性

第二部:ゼロから始めるコンテンツマーケティングで競合他社を大きく上回る方法

第二部では、「ゼロから始めるコンテンツマーケティングで競合他社を上回る方法」をお伝えします。

コンテンツマーケティングの重要性を理解されている企業が多い一方で、『既に競合他社がコンテンツマーケティングを進めている』という状況に課題を抱えている企業も多いのではないでしょうか。

「コンテンツマーケティング後発組は不利なのでは?」

このように感じていらっしゃるのであれば、後発組が競合他社を上回る方法を知るべきでしょう。

なぜなら、2020年から2021年にかけてオンライン化が加速しているこの状況において、コンテンツマーケティングの重要性がどんどん高まっているため、遅かれ早かれ競合他社と対峙する瞬間がやってくるからです。

コンテンツマーケティングは、ユーザーへの価値提供を体系化したマーケティングモデルです。

2020年の新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに、ユーザーの「情報態度」が大きく変化しました。このユーザーの変化に合わせた価値提供こそ、マーケティング成功の秘訣であり、2021年の成果を飛躍させるためのポイントでもあります。

しかしながら、単なる価値提供だけでは不十分です。先ほどお伝えした通り「競合他社の存在」があるからです。競合他社が存在することによって、単なる価値提供だけではパイの奪い合いになってしまうということです。

そこで私のパートでは、『既に競合他社がコンテンツマーケティングを進めている』という状況に課題を抱えている企業の経営者もしくはマーケティング担当者に向けて、「ゼロからコンテンツマーケティングを始める中小企業が競合他社を上回る方法」をお伝えします。

  • どうすれば競合他社を大きく上回る成果が出せるのか?
  • 競合他社とバッティングする懸念はないのか?

上記のような疑問を解消し、具体的な行動を提案します。

具体的には、

  • 競合他社とバッティングしない独自の価値を生み出す方法
  • 同業界のなかでも優位なポジショニングを確立する方法
  • ユーザーの心の中に強烈に残るブランドを形成する方法

等をお伝えします。

ぜひご参加いただき、2021年のマーケティング戦略のヒントにしてください。

<公演内容> ※内容は一部変更可能性がございます。

  • 競合ひしめく不動産投資業界でわずか7ヶ月で3.7億円を売り上げた秘密
  • 見込み客の定義によって競合他社とのバッティングを回避できる理由
  • 圧倒的に優位なポジショニングを確立するためにすべきコンセプト設計
  • 強いブランドを形成するために必要な「主義・主張」の重要性
  • 独自の価値を生み出すコンテンツ設計のプロセス

セミナーに申し込む


第三部:ビジネス戦略のデジタルシフトを推進するには?

今年1年コロナに始まり、ユーザーの新しい生活様式・働き方によってビジネス戦略のオンライン化がより求められる時代になりました。5GやITPなどによりデジタル技術が進む一方で、IT人材の不足が年々深刻さを増しています。

そのような時代において、経営者・マーケティング担当者がデジタル領域において限られた経営リソースをどのように活用し、どのような戦略をとっていくべきか、そのうえでマーケティングをどのように設計していくべきかについて全体像をお伝えします。

<公演内容> ※内容は一部変更可能性がございます。

  • ビジネス戦略のデジタルシフトを推進するには?
  • コロナによって世の中はどう変化したか?
  • カスタマージャーにマップに沿った戦略設計
  • ユーザーに合わせた網羅的な施策の必要性
  • セールスフローの構築
  • まとめ(経営リソースの選択と集中)

第四部:「2021年式」売上を飛躍させるデジタル広告戦略

デジタル領域で売上拡大するにはデジタル広告の攻略が必須です。

オンライン化の加速に伴い、デジタル広告市場はさらに賑わいを見せています。しかし、「強化しなければ…」と理解しつつも、参入企業の増加により、費用対効果の改善に悩む企業が増えています。

  • デジタル広告の一般化
  • ユーザーのITリテラシーの向上
  • 目まぐるしいトレンドの変化
  • 網羅すべき広告手法の増加

これらの傾向から複雑化するデジタル広告市場において成果を出すためには、力の入れどころを押さえて時間・費用・人材を投資することが重要です。2021年に押さえるべき、成果の出るトレンド手法を解説していきます。

<公演内容> ※内容は一部変更可能性がございます。

  • デジタル広告の変遷から考える2021年のトレンドと戦略
  • マーケティングファネル別、デジタル広告の最適解
  • SNSのポジション変化と広告戦略
  • 売上に直結する動画広告戦略

あなたの会社の売上を飛躍的に向上させる為のヒントが沢山詰まった内容になっています。


講師紹介

第一部

バズ部:房宗

講師:株式会社ルーシー マーケティングサポート事業部 コンサルタント 房宗和希

これまで30社以上のコンテンツマーケティング支援に従事。士業、人材業界、小売、不動産、SaaSなど、toB・toC問わずあらゆるジャンルのクライアントメディアで成果を挙げ続けている。

併せて昨年行われた参加費6万円の自社セミナー「cmcj2019」の集客責任者を務め、550人(満員)の集客を成功させる。

第二部

バズ部:松澤

講師:株式会社ルーシー マーケティングサポート事業部 コンサルタント 松澤大輔

コンテンツマーケティングのコンサルタントとして30社以上の支援に携わる。

クライアントは医師、歯科医師、弁理士、税理士、行政書士、上場企業のマーケティング担当者など多岐にわたり、わずか7ヶ月でメディアから3.7億円の売上を獲得するなど、数々のクライアントの成果を生み出している。

第三部

リスティングプラス:篠塚

講師:株式会社リスティングプラス チーフマーケター 篠塚康太

某メガバンクのグループ会社を経てWebマーケティングの世界へ。Webディレクターとして約8年数多くの制作に携わり、サイト設計やライティングのスキルを磨く。マーケティングのスキル強化を求めて2019年リスティングプラスに入社。

現在は見込み客獲得、新規問い合わせ獲得、自社メディア「リスマガ」などの運営を統括。リスティングプラスのノウハウを伝えるセミナー講師としても活動している。

第四部

リスティングプラス:田辺

講師:株式会社リスティングプラス チーフマーケター 田辺理奈

株式会社リスティングプラス チーフコンサルタント。総合代理店にてWeb部門のディレクターとして活動。Webスキルを極めて顧客の本質的な課題解決をするためリスティングプラスへ。

担当案件を月額広告費30万→8,000万まで拡大するなど数々の成果を創出。マーケティング講座の研修講師、企業向けセミナー講師としても活動している。

セミナーに申し込む


講座紹介

今回の講座の詳細をご紹介します。

【講座名】

2021年 中小企業が新しい時代を生き抜くためのwebマーケティング戦略

【主催】

株式会社リスティングプラス

【共催】

株式会社ルーシー

【講師】

株式会社ルーシー:房宗和希、松澤大輔

株式会社リスティングプラス:篠塚康太、田辺理奈

【講座の日程】

1月25日(月)13:00〜17:00 ※12:30〜アクセス開始

【受講料】

税込:5,500円(税別:5,000円)

※1名あたりの価格となります。
※ご入金後の返金はできませんのでご了承ください。

【定員】

100名(法人・個人どちらも可)

※会場でのご参加は20名、オンラインでのご参加は80名で締め切ります。

オンラインのみの開催になりました。

【お申し込み・お支払い期限】

1月20日(水)15:00まで

【お申し込み方法】

この下の「セミナーに申し込む」ボタンをクリックし、フォームの所定欄に必要事項をご記入の上お手続きください。追ってメールで受講番号をお送りさせていただきますので、ご連絡の可能なメールアドレスのご記入をお願いします。

セミナーに申し込む


よくあるご質問(Q&A)

Q. Zoomのアカウント発行、インストールは必要ですか?

アカウント発行は必須ではありません。PCではブラウザからの参加も可能ですが、事前インストールを推奨しております。開催数日前に、ウェビナー招待リンクをお申し込みのアドレスへ送信します。

Q. スマホから参加できますか?

インターネット環境があれば、スマホ、タブレット、パソコンどれからでも参加可能です。レジュメが見やすい大きさのデバイスからのご視聴をおすすめしております。

Q. 事前にオンラインのアクセステストをしたいです。

開催日は30分前からウェビナールームを開き、事前にアクセスいただける環境にいたします。前日などにアクセスできる状態か確認したい、などご不安な場合は別途アクセステストの時間を設定しますのでお問い合わせください。

Q. 会場でのコロナ対策は行なっていますか?

入り口にアルコール消毒液を設置しておりますのでご利用ください。また、ご来場の場合は必ずマスクを着用いただきますようお願いします。

Q. 会場で受講したいのですが、ソーシャルディスタンスは確保してますか?

一定の距離を空けた座席をご用意しております。

Q. お申し込みした場合、レジュメ(講座資料)は入手できますか?

当日の講座内容に集中していただくため、レジュメの前日までの送付は予定しておりません。特典として、講座終了後のアンケートにご回答いただいた方へ別途レジュメのデータ送付を予定しています。復習のためにレジュメをお求めの場合は、アンケートにご回答ください。

Q. 録音等は可能ですか?

本講座に関する著作権その他知的財産権は、弊社または弊社が指定する第三者に帰属いたします。

恐縮ですが、カメラ・ICA.レコーダー・携帯電話などによる録音、録画などはいかなる理由においても禁止とさせていただきます。 

また、弊社がセミナー、座談会内で提供または使用を許諾するテキストおよび教材等(以下「 提供資料等」)の著作権またはその他知的財産権は、すべて弊社または弊社が指定する第三者に帰属しており、受講者は弊社の事前の書面による許諾がない限り、いかなる形態においても提供資料等の全部、または一部について転載、複写および改変を行ってはならず、また提供資料等を第三者へ開示、提供(貸与や使用許諾を含みます)および譲渡してはならないものといたします。 

セミナーに申し込む