覚えておきたいWordPressのユーザー権限の種類と登録・管理方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPress を使って、コンテンツマーケティングに取り組む上で、記事作成の担当者や、サイトのデザインの担当者を設けるなど、複数の人間を担当に指名して、効率的にサイトを運営したい方もいるだろう。

しかし、全ての担当者が、同一のログインID やパスワードを使い、全ての権限を持っているとすれば、サイトの管理上の危険性が高くなってしまう。

WordPress では、そんな時のために、それぞれの担当者に個別に権限を設定して、ログインID やパスワードを発行できるユーザー設定機能がある。また、そこまで深くご紹介はしないが、ユーザー機能を使って特定の人間のみがサイトを読めるような会員サイトを作ることもできる。

これらは覚えておくと便利なものなので、詳しくご紹介したい。

※注
当ページ内で言う「ユーザー」とは、サイトの読者のことではなく、WordPress を管理運用する「担当者」のことを指す。

1.WordPress で設定できるユーザー権限の種類

WordPress でひとり一人のログインユーザーに与える権限は以下の5つから選ぶことができる。

  • 管理者:WordPress の全ての操作が可能。
  • 編集者:コメントやリンクの管理などコンテンツに関する全ての操作が可能。
  • 投稿者:記事の投稿や編集、公開が可能。
  • 寄稿者:記事の下書きと編集のみ可能。
  • 購読者:閲覧のみ可能。会員制サイトを作りたい時などに使う可能性がある。

それぞれのユーザーに、与えられている権限は以下の図の通りだ。

 WordPressの権限内訳表 管理者 編集者 投稿者 寄稿者 購読者
 テーマの変更や編集          
 プラグインの設定          
 ユーザーの追加や編集          
 各種設定の編集          
 コメントの承認          
 カテゴリーの管理          
 リンクの管理          
 既存の記事の編集          
 固定ページの編集          
 メディアライブラリの管理          
 新規記事の投稿          
 新規記事の作成や編集          
 閲覧          

 

例えば、以下のように各担当者の権限を振り分けると WordPress の運用がとてもスムーズになる。

  • 新規記事の作成を任せるコンテンツ作成担当は寄稿者に設定する。
  • 新規記事を公開する前にチェックするコンテンツエディターを投稿者に設定する。
  • サイト全体のコンテンツの質を管理するコンテンツマネジャーを編集者に設定する。
  • サイトのデザイン面やコンテンツ面など全ての事柄に関する責任者を管理者に設定する。

間違ってもユーザーの全員が管理者権限になっていることのないようにしよう。

なぜなら、例えば、新規記事の作成を入社したばかりの人間や、外部のライターに任せている場合、彼らに管理者権限まで渡してしまっていると、ちょっとしたミスをしてしまうだけで、サイトの表示が崩れたりなどの重大な不具合を起こす可能性があるからだ。

それぞれのユーザーの権限の範囲をしっかりと理解して注意して設定して欲しい。 

2.WordPress の新規ユーザーの登録方法

それでは、WordPress の新規ユーザーの登録方法をご紹介する。

まず、管理者権限のアカウントで WordPress にログインして、ダッシュボードの左メニューより「 ユーザー → 新規追加 」の順にクリックしよう。( ※ 上述したようにユーザーの追加や編集は管理者権限でしかできないので注意しよう。)

1wp-usersettings

すると下図のユーザー登録画面に移るので、次のように設定しよう。

adding-new-user

新規ユーザーの登録のために必須なのは、

  • ユーザー名
  • メールアドレス
  • パスワード
  • パスワード再入力
  • 権限グループの選択

の5つだけだが、「名」と「姓」も入力することをお勧めする。なぜなら、そのユーザーが記事を投稿した時に、ここに入力している氏名が、投稿者名として表示されるからだ。

また、「ウェブサイト」の項は、そのユーザーが個人で行っているサイトがあれば、管理者がいつでも確認できるように、その URL をメモ代わりに入力しておくものだ。

3.ユーザー情報の管理・編集方法

次に、既存のユーザーの管理方法をご紹介する。

ここではユーザー登録時よりも詳しい情報を入力したり、ユーザーの権限を変更したりなど様々なことができる。ユーザーの管理画面にアクセスするには、まず管理者権限を持ったアカウントでログインして、左メニューの「ユーザー → ユーザー一覧」をクリックしよう。

そうすると、下のような画面になる。

wordpress-user-settings

編集したいユーザーにカーソルを合わせると下図のように「編集」と表示されるのでクリックしよう。

user-managemet1

すると「ユーザーの編集」画面にアクセスすることができる。 ユーザー編集でできることは、主に以下の4つだ。

  • そのユーザー専用の個人設定
  • ユーザー名や権限の変更
  • 連絡先情報の追加・編集
  • ユーザープロフィールの入力やログインパスワードの変更

3−1. ユーザー専用の個人設定 

個人設定では、下図の通り4つの設定を行うことができる。

wordpress-personal-settings

まず、ビジュアルリッチエディターを使用するか否かの設定だ。ビジュアルエディターは、記事や固定ページの投稿画面に表示される各種ツールのことだ。

ここにチェックを入れると、記事や固定ページの投稿の時に、HTML タグを直打ちすることになる。あなたにとって使いやすい方を選ぼう。次の、管理画面の配色に関しては、自分にとって好きな配色を選ぼう。

「キーボードショートカット」は、コメントの承認や否認をワンボタンで行うことができる機能だ。しかし、一日に数十件ものコメントが付くようなサイトでない限り、使う機会はあまりない。もし気になるならば、WordPress Codex のキーボードショートカットのページを確認しよう。

一番下の「ツールバー」とは、ログインした状態でサイトを見た時に、画面の上部に表示されるバーのことだ。

wordpress-toolbar

ここのチェックを外すと、ツールバーの表示を消すことができる。ここも自分にとって便利な方を選択しよう。

3−2.ユーザー名や権限の変更

ここでは、ユーザー登録時に入力した姓名や権限を変更することができる。

wordpress-usersettings2

内容に関しては、簡単なので特に説明の必要はないだろう。

また、ブログ上での表示名は、「姓名」がデフォルトだが、もし実名を出したくない場合は、ニックネームに入力した文字を表示させるように選ぶこともできる。

3−3.連絡先情報の追加・編集

ここでは、管理者が各ユーザーを把握するために連絡先情報をより詳細に入力することができる。

wordpress-user-management3

AIMYahoo IMGoogle Talk は スカイプのようなチャットシステムのことだ。いずれかのチャットを利用している場合は、ここに、そのアカウント ID を入力おけば、WordPress の管理者は、各ユーザーにいつでもコンタクトできるようになる。

3−4.ユーザープロフィールの入力とパスワード変更 

ここでは、それぞれのユーザーのプロフィールを入力することができる。

wordpress-user-management

プロフィール欄の使い方は2通りある。

  • 管理者の確認用にそのユーザーの職歴などを入力しておく
  • テンプレートを編集してここに入力した内容を著者情報として読者に公開する
    (最初からそのような仕様になっているテンプレートもある。)

 どちらかと言えば、後者の目的で使用する人が多いだろう。

また、ログインパスワードもいつでも変更可能だ。セキュリティのことを考えたら、パスワードは定期的に変更すると良いだろう。 最後に、「ユーザーを更新」ボタンを押すと編集は完了だ。

まとめ

WordPress のユーザーの追加や管理に関するデフォルトの機能は以上の通りだ。

さらに、User Role EditorWP-Members のように、ユーザーの権限をより細かく設定したり、ユーザー管理をより効率的に行うプラグインもあり、それらも利用すると、より詳細に設定したり、機能を追加したりすることもできる。

ユーザーに関する機能はなかなか奥が深いので、まずは当ページの内容をしっかりと把握しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツ制作に集中するだけで圧倒的な成果を上げる
『 bazubu-shiki 』

cta_bazubushiki“ bazubu-shiki(バズブシキ)” とは、バズ部の運営ノウハウを凝縮した
クラウド型コンテンツマーケティング専用CMSです。

  • ・検索エンジンを徹底的に意識したサイト構造
  • ・誰でも簡単にコンテンツが作れる
  • ・コンバージョンを獲得するための機能も完備
  • ・外部連携も安心!SNS、GAとの連携も万全サポート
  • ・常に最新機能が使える!クラウドを活かしたシステム

専門知識がない方でもコンテンツ制作にのみ集中することができます。
100万PVを超えるメディアを作るために、ぜひ導入してみてください。


" bazubu-shiki " について詳しく見る

最新の記事情報が取得できます

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから