SEOとは?最短で成果を出すために
必要な知識と実践方法の全て

SEOとは、「Search Engine Optimization」(検索エンジン最適化)という意味で、今の日本においては主にGoogleの検索エンジンで上位に表示されるための一連の施策のことだ。(Yahoo!やBingなどの検索エンジンも対象となる)わかりやすくいえば「自社サイトを1位に表示させるための対策」とも言える。

このページでは、よりビジネスを成長させたい方にSEOを攻略するために必要な知識とスキルを全て解説している。

ここで解説している通りに、真剣に取り組んでもらえれば、どのような業種の方でも今までをはるかに上回る集客と、コンバージョンを実現することができるようになるだろう。

現在、思うようにサイトにアクセスが集まらなくて困っている方はもちろん、ある程度アクセスは集まるようになっているのになぜかコンバージョンに繋がらないという方でも、あらためて真っさらな気持ちで当ページを隅々まで読んで欲しい。必ず役に立つことを約束しよう。

読み進める前にSEOの成功事例集を見てほしい まずはSEOの事例集をご覧頂きたい。ここでは、多種多様な業種の企業及び事業者が、数多くの検索アクセスとビジネスを成長に導くコンバージョンを獲得している事例を、実際のサイトも合わせて隅々までご紹介している。これらは全て、各クライアント様が自分で努力してSEOを行った結果だ。たったの数ヶ月で月間100万PVを超えている例も少なくない。あなたが同じような成果を出すことは全く難しいことではないということを認識していただけると幸いだ。

step00

SEOとは

SEOとは

SEOは簡単に言えば「自社サイトを1位にするための一連の施策」だ。そして、今ではほぼ全ての企業がより多くの検索流入を獲得し、ビジネスを成長させるために切磋琢磨している。

検索結果で上位表示を達成するためには様々な施策を実行する必要がある。まずは主に行われる4つの重要施策を紹介していこう。

SEOで重要な4つの施策

主に行われる施策としては

  • 検索ユーザーのニーズを満たす良質なコンテンツの作成
  • 検索されるキーワードの選定
  • 検索エンジンにWEBページを適切に評価させるための技術的最適化(内部施策)
  • 良質な被リンクの獲得(外部施策)

の4つが挙げられる。

この4つの施策は上位表示を目指す全ての企業が必ず行っている施策であり、もし現時点で実施できていないならこの記事を読み終わったあとにすぐに実施する必要があるほど重要なものだ。

SEOが重要になる理由

SEOを行う最大の理由は低コストで圧倒的な集客量を実現できることにある。

SEOは広告と違い、直接的な費用はかからない。 良質なコンテンツを作成し、Googleに評価しやすいように最適化を施し、良質な被リンクが集まっていれば自動的にWEBサイトが検索結果の上位に表示されるようになるからだ。

そして上位表示を実現できれば圧倒的にクリックされやすくなる。

ctr

上記の数値は世界中の会社が独自調査した検索結果上でのクリック率になる。

この数値を平均すると1位の場合、クリック率が27.31%となるのだ。

つまり、目標するキーワードで1位を獲得すればそのキーワードで検索した人の3割はあなたのWEBサイトを訪れ、莫大なアクセス数になるのだ。

実際に弊社のクライアントである弁護士法人の事例では広告費ゼロで月間で4400件もの有効問い合わせを獲得している。

この問い合わせをリスティング広告等別の手法で獲得した場合、1件獲得あたりの単価が1万円だったとしても4400万円分のコストを削減したことに繋がるのだ。

検索エンジンはどうやってサイトの掲載順位を決めるのか

SEOは検索エンジンで上位表示させるための一連の施策のことだが、そもそも検索エンジン(主にGoogle)はどのようにサイトの掲載順位を決定しているのだろうか。

実は、あなたがサイトを作ってから、Googleの検索エンジンは以下の3つのステップによって順位を決定している。

  • クローリング:Googleのロボット(クローラー)があなたのサイトを発見する。
  • インデックス:Googleがあなたのサイトをデータベースに登録(インデックス)する。
  • ランキング :Googleがあなたのサイトの検索順位をアルゴリズムに基づいて決める。

検索エンジンの3つのステップ

仕組み自体は非常にシンプルだ。WEB上にアップロードされたWEBページをクローラーが発見し、それをデータベースに整理して登録(インデックス)。そして、ユーザーが検索行動を行った時、検索情報に対して関連性の高いページをアルゴリズムに基づいてデータベースから抽出し、他の競合ページとの相対比較を行ったうえでランキングをつけて表示しているのだ。

ユーザーに最も価値あるページを提供するための検索アルゴリズム

ユーザーが検索エンジンを使うのは「自分の求めている情報にたどり着くため」であり、「自分の求めている情報」を検索窓に入力する「キーワード」で表現する。検索エンジンは入力された「キーワード」からユーザーが「求めてる情報」を推計し、「最も関連性が高く、有益な情報が掲載されたページ」を表示しているのだ。

  • キーワードを起点としたユーザーが求めてる情報の推計
  • キーワードに対して関連性が高く、有益な情報が掲載されたページの抽出

簡単に言えば、この2点を実現するための計算式が検索アルゴリズムなのだ。

Googleは常にユーザーの期待に応えるWEBページを提供したいと考えている。ユーザーが求めている情報を期待通り提供すれば「役に立つもの」としてユーザーに日常的に使ってもらえるからだ。

そのためにGoogleは毎日細かなアルゴリズム調整を行い、検索アルゴリズムの精度向上に常に努め検索結果の品質改善を行っている。

また、日々の細かな改善とは別にコアアルゴリズムのアップデートも行っている。コアアルゴリズムアップデートは検索結果に対する影響範囲が大きく、昨日まで1位だったページが突然圏外になるということも起こる。代表的なアップデートとしては「パンダアップデート」や「ペンギンアップデート」などがある。直近では2020年5月にコアアルゴリズムアップデートが行われた。

YahooもGoogleの検索エンジンを利用している

日本の検索エンジンというとGoogleの他にYahooやbingがあるが、基本的には無視してもかまわない。

bingは日本のシェアが12%しかなく、yahooも14%弱あるもののGoogleと同じ検索エンジンを使っているので個別の対策は必要ないのだ。

参考:Desktop Search Engine Market Share Japan | StatCounter Global Stats

Yahoo!の検索エンジンもGoogleのもの

実はYahoo!はGoogleの検索エンジンを採用している。つまり、基本的にはGoogleに効果のある施策を行っていれば同様の検索エンジンを使うYahoo!でも効果が得られるのだ。

注意点としては、Yahoo!とGoogleの検索結果は完全に一致するわけではない。Yahoo!の場合は自社サービスを検索結果に差し込んでくることがあるからだ。

例えば、「転職サイト」というキーワードで検索するとGoogleでは1ページ内に無いサイトが3位に入ってくる。

実はこのサイトは2020年12月にyahooが完全子会社化したサイトなのだ。

上記のように、yahooの場合はyahoo関連のサービスが差し込まれることがあるため、Googleと若干検索結果が異なる。

2021年のSEOに重要な要素

SEOは歴史と共に重要な要素が変遷していく。2000年代はブラックハットSEOと言われるスパム行為の全盛期でとにかくどんな手段でもリンクさえあれば上位表示ができた。それが2010年代からコンテンツ重視と言われるようになり、文字数や情報量が多ければ上位表示ができるようになった。

そして、2021年現在、以前のように被リンクさえあれば、文字数、情報量さえあればという時代でもなくなった。では、現在のSEOにおいて重要な要素とはなにか。

それは信頼性と関連性だ。

信頼性

2020年から2021年にかけて、Googleが非常に重視しているのが「信頼性」だ。

象徴的なのが2017年12月に行われた「健康アップデート」といわれるものだ。このアップデートによって、医療関係の検索結果から医療関係の公的ドメイン以外のコンテンツが一掃された。これまでは発信者の身元も不明で真偽もわからないコンテンツであっても、Googleの評価基準に合う「書き方」がされていれば上位表示することができた。しかし、Googleは「人の健康」に関わる重要情報は社会的責任のある公人、法人等が公開する情報をユーザーに提供すべきと判断したのだろう。

そして、この流れは加速し2020年5月のアップデートでは医療・健康領域だけではなくほぼすべての分野にて同様の動きが強くなった。結果、現在のアルゴリズムにおいては企業ドメインや公的機関の発信するコンテンツが非常に評価されやすくなっている。

実際に弊社が支援する企業ドメインの配下にはない独立ドメインのブログメディアを、企業ドメイン直下に移設するだけで、PVが約20倍になった例などもある。

グラフ

検討すべきアクション
  • 企業ドメインへのドメイン資産の統合
  • 企業実在認証SSL、EV認証SSL化の検討

関連性

筆者の体感にはなるが、2016年頃までは「関連性」というのはそれほど考慮されていなかったように思う。しかし、2017年頃からWEBサイトの内容と関連性の薄いコンテンツは評価されにくくなった。

例えば、中古車販売のWEBサイトに非常に良質な「ステーキの焼き方」についての記事を投稿した際、一時的に「ステーキ」という単一キーワードで2位まで上昇したことがある。しかし、その後急激に順位を落とされ、順位が戻ってくることはなかった。

また、マーケティング関連のメディアを運営していた際、非常に良質な「短時間睡眠」に関する記事を投稿したところ翌週にはターゲットKWで4位まで上昇した。ところが、その後のアップデートで他のKWは影響がなかったのに、そのKWは圏外になってしまった。

ご紹介したケース以外にも私は似たような動きを何度も経験しており、現在のアルゴリズムでは「そのコンテンツはそのサイトにあるべきものなのか?」という点が非常に重要な指標になっていると考えられる。

そして、この信頼性・関連性については「検索に対するGoogleの方針」というページでGoogleが一番最初に伝えているということからも重要性が伝わるはずだ。

参考:検索に対するGoogleの方針

検討すべきアクション
  • サイト設計の見直し
  • 個別記事のカテゴリの見直し

SEOの実践方法

ここからは基本的なSEOの実践方法について紹介していく。
冒頭でご紹介したように、SEOは以下の4つの施策を行うことである。

  • 検索されるキーワードを選ぶ
  • 検索ユーザーのニーズを満たす良質なコンテンツの作成
  • 検索エンジンにWEBページを適切に評価させるための技術的最適化(内部施策)
  • 良質な被リンクの獲得(外部施策)

これらの施策を図にまとめると以下のようになる。

キーワード選定

step01

キーワードの選定

コンテンツSEO
検索されるキーワードを選ぼう

SEOを実践するにあたり、まず始めに取り組むべきなのがユーザーが検索するキーワードを選ぶことにある。仮に検索順位で1位を獲得しても、誰も検索しないキーワードを選んだのでは結局アクセスには繋がらないからだ。

見込み客が検索するであろうキーワードを調査する

検索されるキーワードを選ぶうえで重要なのは見込み客が検索するであろうキーワードを想像することだ。

例えば、弊社はWEBマーケティングを生業としているので、見込み客はWEBでのマーケティングに悩むユーザーになる。WEBマーケティングに悩むユーザーは「SEO対策をどうしたらいいのか、SEOとはなんなのか」と悩む方も多い。だからこそ私はそういった方にとってわかりやすく「SEO」を説明するためにこの記事を書いている。

まずはあなたにとっての見込み客が誰なのか、どんなことを検索エンジンで調べたいと思っているかを明確にイメージしてみよう。

キーワードの検索ボリュームを確認する

あなたの見込み客が検索するであろうキーワードを抽出したら、次はそのキーワードの検索ボリュームを調べてみよう。検索ボリュームとはつまり「どのくらいそのキーワードが検索されているか」という指標だ。

例えば、「Amazon」というキーワードは月間で2490万回検索されている。

このキーワードで上位表示できれば多くのアクセスを期待できるだろう。ただ、注意して欲しいのは検索ボリュームが多いキーワードというのは、多くの競合サイトが狙っているキーワードでもある。

SEOは相対評価で決まるため、競合の多いキーワードは情報量・質共に高い水準のコンテンツを求められる。特に、立ち上げたばかりのサイトはGoogleで評価されづらいため、いきなり検索ボリュームが多すぎるキーワードを狙うのは得策ではない。

まずは「Amazon ●●」のような関連キーワードの中から、自分が勝てるキーワードを選んで攻略していこう。

step02

良質なコンテンツの作成

SEO内部対策
検索ユーザーに最高の満足を届けよう

SEOで行われる主な4つの施策のうち、最も重要なのが良質なコンテンツの作成だ。検索エンジンの仕組みの中でも説明したが、Googleは常に「ユーザーの期待に応えることができる良質なコンテンツ」を求めている。そして、SEOを考えるうえで最も重要度が高いものが「ユーザーを満足させることのできる良質なコンテンツの作成」になる。

良質なコンテンツとは

SEOにおいて、最も大切なことは「良質なコンテンツの作成」だ。

実際、Googleもコンテンツがあらゆる施策のなかでも特に大きなSEO効果をもたらす可能性があると話している。

人を引きつける有益なコンテンツを作成すれば、このガイドで取り上げている他のどの要因よりもウェブサイトに影響を与える可能性があります。

多くの方が、コンテンツを作成するときに「文字数は何文字程度あればいいのか」「画像はいれるべきなのか」といった事を気にするが、良質なコンテンツの作成において考えるべきことはたった1つしかない。「ユーザーにとってどうか」という軸で、コンテンツを精査していくだけだ。

文字数や画像というのは「ユーザーにとってどうか」を追求したうえで「結果として」文字数が多くなったり、画像が増えたりするだけに過ぎない。

そして、その軸をもっとわかりやすくするために私たちは良質なコンテンツを以下のように定義している。

良質なコンテンツとは
ユーザーが120%満足し生活の質を劇的に向上させるコンテンツ

つまり、ユーザーの表面的なニーズだけでなく深層心理に隠れた潜在的なニーズまで満たし、ユーザーの幸福の実現に寄与するコンテンツが良質なコンテンツということだ。

Googleが重要視する3つの評価基準 E-A-T

Googleが良質なコンテンツかどうかを判断する基準として、指標の一つになるのが、E-A-Tと呼ばれる3つの評価基準だ。E-A-TはGoogleが公開する品質評価ガイドラインの中で100回以上言及されており、これは「リンク」という言葉の言及数よりも多い。つまり、品質評価において非常に重要度が高いということだ。

E-A-Tはそれぞれ、

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

の3つの言葉を指している。

実は、GoogleはE-A-Tが重要としながらも、何をすればE-A-Tを高められるか具体的に定義しているわけではない。そのため、人によって多少解釈に差が生まれているが、筆者は以下のように認識している。

  • テーマの統一されたコンテンツが、玄人が満足できる情報量と深さを両立したうえで、他では得られない価値を提供している高品質なコンテンツであること(専門性)
  • コンテンツ作成者、コンテンツ、掲載されているWEBサイトが特定の領域において信頼できる様々なWEB媒体(SNSも含む)から評価・言及され続けていること(権威性)
  • そのサイトが実在する人物・法人によって責任を持って運営されており、情報やサービスを利用しても問題ないという信頼性があること(信頼性)

つまり、Googleは「キーワードで検索されたトピックにおいて、一番詳しくて有名な人(権威性)が、玄人が満足できるレベルの情報量と深さのコンテンツを作成し(専門性)、自身の発信する情報に責任を持ってWEB上で発信してくれること(信頼性)」を求めているのだ。

とはいえ、全ての情報発信者が業界の第一人者なんてことはあり得ないし、全てのコンテンツが玄人が満足できるほど専門性が高く、深い記事なわけでもない。ただ、現在のGoogleでSEOを成功させるためにはこの基準に近づけるだけの努力が必要なのだ。

※参考:Google品質評価ガイドライン

step03

SEO内部対策

SEO内部対策
最高に使いやすいサイト構造を実現しよう

SEO内部対策とは検索ユーザーから見ても、検索エンジンから見ても使いやすいサイトを作ることだ。もっと詳しく言うと、少ないクリックでサイト内の重要なページ全てにアクセスできるようにすることと、それぞれのページの内容を分かりやすく解説して配置することにある。

技術的最適化の重要性

特にWEBページを認識、評価するGoogleはあくまでロボットなので、コンテンツを適切に読んでもらい、理解・評価してもらうための技術的最適化が重要になる。

具体的には以下のような項目だ。

  • ページタイトルはtitleタグで指定
  • descriptionメタタグの設定
  • 適切なパーマリンクの設定
  • 簡潔なディレクトリ構造
  • パンくずリストの設定
  • テキストでのナビゲーション作成
  • HTMLサイトマップXMLサイトマップの設置
  • robots.txtの設定
  • モバイルサイトマップの設定

聞いたことがない専門用語が多く、初めて見た人は心が折れそうと思うかもしれないが心配はいらない。ほとんどの項目はWordPressなどのCMSと呼ばれるHP作成ツールであれば比較的簡単に設定ができる。弊社でもXeoryというWordPressテンプレートを無料で提供しているが、Xeoryを使って頂ければ上記の項目は機能として簡単に設定が可能だ。

※参考:検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド

不安な場合は信頼できる制作会社に依頼しよう

弊社で提供しているXeoryというテンプレートを使えば比較的簡単に設定が可能だが、それでも不安な場合は信頼できるWEBサイト制作会社に依頼するといいだろう。

ただ、WEB制作会社によってはこうしたGoogleが好む推奨設定を考慮できていないケースも多々ある。弊社にも「コンテンツ作成を頑張っているのに上位表示できない」という方が相談にくるが、中身を見てみるとこうした内部対策が全くできていないケースに何度も遭遇した。

当サイトではWEBサイトのカスタマイズに不慣れな方にも最低限の内部対策ができるように、各設定方法について以下の記事で詳しく紹介しているのでぜひ参考にして欲しい。

step04

SEO外部対策

SEO外部対策
多くの人に価値あるコンテンツを届けよう

 

SEO外部対策とは、端的に言えば外部からの評価を集めるための施策だ。一般的には「被リンク施策」と言われる。「被リンク」というのは他のサイトからあなたのサイトを「リンク付き」で紹介してもらうことだ。

多数の支持がコンテンツの評価を高める

現在のアルゴリズムにおいて、被リンクの重要性は非常に高い。Googleが良質なコンテンツを判断する基準として、E-A-Tが重要になると説明したがGoogleは「世の多くの人が認めている」ものを評価しようとしている。

例えるなら論文の引用に近い。学術論文において、ある主張をするための根拠として別の論文を引用することがある。その際、根拠として引用される回数の多い論文というのは多くの人から根拠として信用されていることになる。

Googleの被リンクの考え方は正に論文の引用に近く、多くのサイト、ユーザーがシェア、紹介するWEBページというのはE-A-Tを満たしている可能性が高いと認識されやすく、良質なコンテンツという評価を受けやすいのだ。

外部対策は良質な被リンクを集めるための施策

具体的な外部対策としては

  • 良質なコンテンツの作成
  • SNSの活用
  • 広告の活用
  • プレスリリース

といったコンテンツの存在を検索エンジン以外で知ってもらうための施策が必要になる。筆者の所感としては企業の広報活動に近い。自身が運営するWEBサイトの反響を増やすための施策を行うことで、SEOでの評価が高まり、検索エンジンから大量の流入が見込めるようになるのだ。

特にソーシャルメディアは無料で使えて、かつ効果的な方法といえる。SEO外部対策は既にコンテンツSEOと内部SEO対策が完璧に施されている場合に、驚くべき効果を発揮するので以下の記事を参考に積極的に取り組んで欲しい。

コンテンツマーケティングの効果と具体的な施策内容を
まとめたPDFを無料で提供しています。

ebook-194x222

無料EBook:バズ部式マーケティング
広告費を1/10にして売上を倍増させる全手法

広告に頼り切ったマーケティングの打開策としてコンテンツマーケティングについて調べているがよく分からないと悩んでいませんか? 本書は弊社やクライアント様がコンテンツマーケティングに取り組み

  • SEOのみで月間100万PV集めた方法
  • 平均6.92%のコンバージョン率が出た新規顧客獲得法
  • CPLやCPAを大幅に改善した方法とそのからくり

など、コンテンツマーケティングの効果と、具体的な施策内容を全94ページに渡って詳細に解説しているものです。 ぜひ、貴社のWEBマーケティングにもご活用ください。

無料EBookをダウンロード

ご質問・ご不明な点はありませんか?

分かりにくい、より深く知りたいなどご意見がありましたらお問い合わせください。
より詳しい分かりやすい情報をあなたに提供します。

    お名前 必須

    メールアドレス 必須

    会社名

    サイトURL

    メッセージ本文必須

    送信内容をご確認の上、チェックを入れてから送信してください。

    プライバシーポリシー