WordPressインストール後すぐやっておきたい6つの初期設定

20160510-166
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPress をインストールしたら、すぐにデザインを整えたり、記事を投稿したりしたくなってしまうものだが、グッとこらえて欲しい。

その前に、SEO効果やWordPressの使いやすさを改善するためにまず行っておきたい初期設定がある。

それが以下の6つだ。

  • 一般設定:サイトタイトルやアドレスなどの基本的な設定
  • 投稿設定:記事や固定ページの投稿に関する設定
  • 表示設定:トップページに表示するコンテンツやRSSフィードに関する設定
  • ディスカッション設定:コメントやピンバックに関する設定
  • メディア設定:画像サイズに関する設定
  • パーマリンク設定:記事や固定ページのURLの表示方法に関する設定

これらの設定は、疎かにしてしまいがちだが、なかなか重要なものも多い。

「こんなこともできるんだ!」というような発見もあったりするので、WordPress により深く精通するためにも、じっくりと読み込んでみて欲しい。

アドバイス
全体のボリュームが多いので、もし、さっさと設定を終わらせたければ、まず◎ のついている2カ所を設定して、 のついているヶ所には目を通すようにしておこう。△のヶ所は使う機会が少ないので読み飛ばしても大丈夫だ。

1.一般設定

一般設定では、サイトの管理に関する以下の5つの設定を行うことができる。

  • サイトタイトルとキャッチフレーズ
  • WordPress アドレスとサイトアドレス
  • メールアドレス
  • △ メンバーシップ
  • △ サイトのタイムゾーン

注: は必ずチェックしておきたいもの。はチェックしておきたいもの。△は特に重要ではないもの。

念のため全てを詳細に解説していくが、やることは簡単なので安心して欲しい。それでは、まず一般設定画面へアクセスしよう。

一般設定の画面へのアクセス方法

WordPress にログインして左メニューの一番下の「設定」にカーソルを合わせたら表示される「一般」をクリックすると一般設定の画面にアクセスすることができる。

wordpress-basic-settings-1

一つひとつ理想的な設定方法を解説していくので、その通りに設定して欲しい。

1−1.サイトタイトルとキャッチフレーズの設定 

まずは、サイトのタイトルとキャッチフレーズの設定をしよう。

wordpress-basic-settings-21

この二つは、 WordPress をインストールする時に既に入力しているものだが、インストール時に適当に決めてしまった方は、以下の2つの点に着目して改善してみよう。

1−1−1.理想的なサイトタイトルをつけよう

言うまでもなくサイトタイトルは重要なものだ。なぜなら、ここで入力するタイトルが検索エンジンの検索結果に表示されるようになるからだ。そのためサイトタイトルを決める時は、どのような検索キーワードで検索された時に、あなたのサイトが表示されるようにしたいかを考える必要がある。

一般的には、サイトのタイトルにはSEOキーワードを含めるべきだとされている。しかし、個人的にはその傾向には必ずしも賛成ではない。なぜなら、サイトタイトルで指名検索されるぐらいの価値と知名度のあるサイトを作ることの方が遥かに重要だからだ。

そのため、サイトタイトルは覚えやすく口にしやすいものにすることをおススメする。詳しくは、『集客を最大化するためのWordPressのタイトルのつけ方』を読んでベストなタイトルを考えてみて欲しい。

1−1−2.キャッチフレーズは空白にしておこう

基本的にはキャッチフレーズに入力した文言はメタディスクリプションとして扱われる。しかし、使用するテンプレートによっては、このキャッチフレーズに入力したテキストが、勝手にタイトルタグで囲われたり、見出しタグ(h2タグ)で囲われたりと、SEO上、好ましくない設定になっているものがある。

ここでは難しい説明は省くが、通常、メタディスクリプションと h2 タグを同時に使用することでSEO上、不利になることはあっても有利になるケースはない。

そこで、キャッチフレーズは空白にしておいて方が安全だ。

ちなみに、『サンプルサイト』で使っている WordPress のデフォルトテンプレートの ” Two Thousand Twelve ” は、キャッチフレーズに記入した文言が、メタディスクリプションタグと見出しタグ ( h2 )として扱われるようになっているため空白にしている。

※メタディスクリプションの設定には All in One SEO Pack を使おう
All in One SEO Pack を使うと、どのようなテンプレートを使っていたとしても、タイトルタグやメタディスクリプションなどのソース構造をSEOに効果的な形にすることができる。少々難しく聞こえるかもしれないが、『All in One SEO Pack の設定方法と使い方』で説明している通りに設定すれば問題ないので、是非参考にして欲しい。

1−2.WordPressアドレス・サイトアドレスの設定

次に行うのがアドレスの設定だ。

※注意:レンタルサーバによって不具合が発生
さくらのレンタルサーバーwpXサーバーをご利用の方がこちらの設定を行うと不具合の原因となる可能性があるためスキップしよう。

wordpress-basic-settings-3

ご覧のように WordPress で設定するアドレスには、WordPress アドレス・サイトアドレスの2つがある。

前者はインストールしたWordPressファイルを保存しているアドレスのことで、後者はサイトを表示するURLのことだ。これらは通常、上の画像のように、両方とも同じアドレスになっている。

しかし、レンタルサーバーの自動インストール機能を使って、WordPressをインストールした時に、デフォルトで両アドレスが、 http://○○○.com/wp/ になっている場合がある。その場合、サイトアドレスを、http://○○○.com/に設定しておく必要がある。

※レンタルサーバに関して
個人的な経験では、WordPressアドレスもサイトアドレスも、/wp/ディレクトリ下ではなく、トップレベルドメイン(○○○.com)下に入れておいた方が、SEO的に少々だが高パフォーマンスを見せている。従って、WordPressのインストールはトップレベルドメイン下にすることをお勧めする。レンタルサーバによっては、自動インストール機能を使った時に、自動的に/wp/ディレクトリ下にインストールされてしまうのものもある。そのため、あまり詳しくない方は、『WordPressに最適なサーバーの3つの条件とおすすめサーバー』を選んでおくと良いだろう。

○ 1−3.メールアドレスの設定

続いてメールアドレスの設定だ。

wordpress-basic-settings-4

ブログにコメントがついたり、リンクがついたりした時に、ここに入力しているメールアドレスに通知が届く。普段利用しているメールアドレスになっているか確認しておこう。

△ 1−4.メンバーシップの設定

WordPress は、複数のユーザーが記事を更新したり、テンプレートを編集したりすることができる。そのために、それぞれのログインユーザーに個別の ID やパスワードを発行するなどのユーザー管理機能が付いている。

ユーザー管理機能は、例えばコンテンツ作成を外部のライターにも依頼していて、そのライターに直接WordPress内で記事を入力して欲しいが、その他のテンプレート編集やプラグインの機能などは使わせたくない場合など、権限を制限したWordPressアカウントを設定したい時に便利なものだ。

このように社内外を含めた複数のメンバーでWordPressを運用したい場合は『WordPressのユーザー権限の種類と登録・管理方法』を確認して欲しい。

前置きが長くなったが、ここのメンバーシップの設定では、誰が新規ユーザーを追加できるのかを制限することができる。

wordpress-basic-settings-5

ここのメンバーシップのチェックボックスにチェックを入れると、管理者以外の人間でも新規ユーザーを追加することができるようになる。しかし、ここはサイトのセキュリティのことを考えて、チェックを外しておく方が良いだろう。

新規ユーザーのデフォルト権限グループは、新規ユーザーのデフォルト権限をどうするかだが、ユーザー追加の時に選べるので、ここで特に変更するところはない。

△ 1−5.タイムゾーンの設定

続いて、時間設定・日時表示などのタイムゾーンの設定だ。日本語版のWordPressをインストールした場合は、最初から日本用に最適化されているので全てデフォルトのままで良い。

wordpress-basic-settings-6

外国向けのサイトの場合は、タイムゾーンはターゲット国を選んでおこう。他の項目も、変更したい特別な理由があるなら、変更してもかまわない。

これで一般設定は終了だ。最後に忘れずに、「変更を保存」をクリックしておこう。

2.投稿設定

投稿設定では、WordPressの記事投稿や固定ページの投稿に関する設定をすることができる。

  • 記事投稿時のテキスト整形と投稿フォーマット
  • △ Press This (テキストや動画・画像の引用ツール)
  • △ メール投稿の設定(今後のアップデートで廃止予定)
  • △ PINGサービスの設定

注: は必ずチェックしておきたいもの。はチェックしておきたいもの。△は特に重要ではないもの。

ここで、絶対にやっておくべきと言えるほどの設定はないが、使い方によっては便利な機能などもあるので、確認がてらに一通り見ておこう。

投稿設定画面へのアクセス方法

WordPress 管理画面の左メニューより「設定 → 投稿設定」の順でクリックすると、投稿設定の画面にアクセスすることができる。

wordpress-basic-settings-7

それでは、一つひとつ解説していこう。

2−1.整形と投稿フォーマットの設定

ここは、デフォルトのままにしておこう。

wordpress-basic-settings-8

1個目のチェックボックスに関してだが、ブログ記事の中で顔文字画像を使うことは、全くと言ってよいほどないので不要だ。

2個目のチェックボックスにチェックを入れると、投稿したページのXHMLを最適化してくれる。そのため、チェックを入れておきたいのだが、ここを有効化するとプラグインに不具合が起きる可能性があるので注意しよう。有効化しなくてもSEO上、特に不利になるということもない。

投稿用カテゴリーや投稿フォーマットに関しては、記事を書く時に、一つひとつの記事に設定すれば良いので、気にしなくて良い。

△ 2−2.Press This

Press This は、他のサイトを見て、引用したい文章や画像・動画があった時に、それらを手軽にWordPressの下書き投稿に保存できる機能だ。

wordpress-basic-settings-9

上の画像の Press This ボタンを、ブラウザのツールバーにドラッグ&ドロップすれば使えるようになる。引用をする機会が多い方や、目にしたサイトの内容をWordPressの下書きに保存してストックしておくなどの使い方ができるので、人によっては非常に便利な機能だ。

詳しい使い方を知りたい方は、WordPressにデフォルトで入っている” Press This “を使ってみた を参考にすると良いだろう。

△ 2−3.メールでの投稿の設定

WordPress はメールを使ってスマートフォンからも記事投稿をすることができる。

しかし、今後のアップデートでメール投稿機能は削除される予定になっている(参照:WordPress Codex)。もしメール投稿を使いたい場合は、下記のプラグインのうち、どれかを使うようにしよう。

※メール投稿で良質なコンテンツを作れるか?
メールでの投稿は、ユーザーにも Google にも喜ばれるような良質なコンテンツの作成には向かないが、趣味で作ったサイトや、旅先などで撮った写真を紹介しているようなブログの場合は使える機能だろう。

△ 2−4.更新情報サービスの設定 

続いて更新情報サービスの設定だ。

wordpress-basic-settings-10

更新情報サービスとは、記事の更新情報を自動的にブログランキングサイトなどに通知する機能だ(= PING送信)。これにより、それらのサイトの新着記事一覧などに掲載されるようになる。

結論から言うと、バズ部ではPING送信は不要だと考えている。

理由は3つある。第一の理由は、設定してもしなくても、さほどサイトのインデックススピードやランキングに変化はなかったからだ。第二の理由は、日本のブログランキングサイトなどのブログを見ていると、明らかに質の低いものが多いからだ。第三の理由は、PINGサーバーは、突然サービスが停止するものも多いので、いちいちチェックするのも面倒だからだ。

PING送信で工夫しようとするよりも、良質なコンテンツを作り続ける方が遥かに重要だ。

※ どうしても使いたい場合は PINGOOを使おう
国内のPING送信先は、すぐに使えなくなるものが多くチェックが面倒だ。どうしても、PING送信サービスを活用したければ、WordPress の公式ディレクトリでも紹介されている PINGOO の有料サービスを活用するのも手だ。PINGOOは、国内の稼働しているPINGサーバーを定期的にチェックしていて、それらのPINGサーバーに更新情報を届けてくれる。(効果は未検証なので自己責任で活用して欲しい。)

3.表示設定

表示設定では、サイトのトップページに表示するコンテンツの内容を変更したり、RSSサービスに関する設定を行うことができる。

具体的には、

  • フロントページの表示の設定
  • △ RSS/Atom フィードに関する設定
  • △ 検索エンジンでの表示(インデックス)の設定

の3つだ。

注: は必ずチェックしておきたいもの。はチェックしておきたいもの。△は特に重要ではないもの。

機能的に重要なものも含まれているので、しっかりと確認しておこう。それでは始めよう。

表示設定画面へのアクセス方法

WordPress 管理画面の左メニューより「設定 → 表示設定」の順でクリックすると、表示設定の画面にアクセスするころができる。

wordpress-basic-settings-111

早速見ていこう。

3−1.フロントページの表示の設定

ここでは、サイトのフロントページ(トップページ)に表示するコンテンツを設定することができる。 

wordpress-basic-settings-121

デフォルトの状態(「最新の投稿」にチェックが入っている状態)では、サイトのトップページには最新の記事が複数表示されるようになっている。その下の「固定ページ」にチェックを入れると、トップページに表示する内容を、ある一つのページに固定することができる。

言葉では分かりづらいだろうから実際に以下のページを確認してみて欲しい。これは、WordPress のデフォルトテーマの一つ ” Twenty Twelve ” を使って比較したものだ。

通常だと、普通のブログのようなデザインだが、フロントページ固定機能を使うとサイトのように見せることができる。具体的な設定方法は、『WordPress でフロントページを設定する方法』でご紹介しているので確認しておこう。また、” Twenty Twelve ” では、この機能を使ってトップページをサイトのように見せることが可能だが、大半のテンプレートでは、ただトップページに特定の固定ページを表示することまでしかできない点も覚えておこう。つまり、フロントページの自由度は使用しているテーマによって異なるということだ。

最後に、1ページに表示する最大投稿数は自由に選んでもらって構わないが、表示する件数が多すぎるとサイトの読み込み速度が低下してしまうので、10前後にしておくことをお勧めしている。

△ 3−2.RSS/Atom フィードに関する設定

フィードは、ブログ記事を公開した時に自動的に登録者に通知してくれる機能のことで、これはWordPressに最初から備わっている。ここでは、それに関する設定をすることができる。

wordpress-basic-settings-131

しかし、結論から言うと、これらの設定はほとんど意味がない。なぜなら、現在RSSリーダーを使用している人の大半が Feedly というサービスを利用しているからだ。この、Feedly は、サイトの中の過去記事を全て取り込んで、自動的に抜粋で表示してくれるようになっている。

今まで、Feedly を知らなかったという方は、便利なサービスなので、この機会に使ってみよう。 

△ 3−3.検索エンジンでの表示(インデックス)の設定

ここではサイトのインデックスに関する設定を行うことができる。(インデックスに関しては、検索エンジンの仕組みを参読んで理解しておこう。)

wordpress-basic-settings-14

ここのチェックボックスにチェックをいれると、サイト全体に noindex が設定される。WordPressでサイトを作っている途中で、まだ公にしたくないは、ここにチェックを入れておくことで検索エンジンに引っかからないようにすることができる。

※ noinex に関して
noindex を深く理解すると、サイトのSEO効果を大きく上昇させられることがある。SEOにも興味がある方は、noindex の使い方も読んでみよう。 

4.ディスカッション設定

ディスカッション設定では、主にコメントに対する管理方法を設定することができる。

具体的には以下の4つだ。

  • 投稿のデフォルト設定
  • 他のコメントの設定
  • △ コメントモデレーションとブラックリストの設定
  • アバターの設定

早速見て行こう。

ディスカッション設定画面へのアクセス方法

まず WordPress 管理画面の左メニューより「設定 → ディスカッション」の順でクリックすると、ディスカッション設定のページにアクセスすることができる。

wordpress-basic-settings-15

4−1.投稿のデフォルト設定

ここでは、ブログの記事から他のサイトにリンクをしたり、他のサイトからリンクを貼られたりした時の、通知に関する設定を行うことができる。

wordpress-basic-settings-161

「すべてのリンクへの通知を試みる」にチェックを入れると、自分のサイトから他のサイトにリンクを貼った時に、相手サイトに通知メールが行くようになる。「他のブログからの通知を受け付ける」にチェックを入れると、相手サイトからリンクを貼られた時に、あなたに通知メールが届くようになる。これをピンバックと言う。(※ピンバックは双方ともWordPressで作られたサイトの場合のみ有効)

相手から届いたのピンバックの許可や拒否は、コメントページから行うことができる。その時に、許可すれば相互リンクしたことになる。

この仕組みを使うことで、アクセス数の少ない初期の段階で、他のブログの運営者に自分のサイトを知ってもらうことができるのでチェックを入れておこう。また、読者からの質問や感想を得るためにコメントの投稿も許可しておこう。

※被リンクに関して
相互リンクそのものは、Google のペナルティの原因にはならない。しかし、相互リンクの方法が悪質だと、当然ペナルティを受ける。被リンクの構築法と注意点を確認しておこう。
※ピンバックとトラックバックに関して
ピンバック・トラックバックに関して、より深く理解したい方は、WordPress のピンバックの使い方WordPress のトラックバックの使い方で解説しているので参考にして欲しい。 

4−2.他のコメント設定

続いて、ブログ記事に対するコメントに関する設定だ。

wordpress-basic-settings-17

スパムコメントを防ぐためにも、名前とメールアドレスの入力は必須にしておこう。

また、コメントを複数階層までのスレッド形式にしておくと、誰が最初にコメントして、誰がそのコメントに返信しているのかが分かりやすくなる。デフォルトでは、5回のやり取りまでが階層形式で表示されるようになっている。ブログのコメント欄で、何度もやり取りをすることは少ないので、このままで問題ないだろう。

その他の項目は、ログインユーザー以外はコメントを残せなくなったり、無駄にコメントページが作られたりしてしまうので、使用する必要はない。

また、コメントがついた時にメールで通知するかどうかの設定も行うことができる。

wordpress-basic-settings-18

これらのボックスにチェックを入れておけば、コメントが投稿された時に、一般設定で設定したメールアドレス宛に通知が届くようになる。ここは自分の好きなように設定しておこう。

次に、コメントを自動承認にするか手動承認にするかの設定をしよう。

wordpress-basic-settings-19

スパムコメントがあることを考えると、ブログのコメントは手動承認にしておく方が良い。しかし、一度コメントが承認されたことがあるユーザーに対しても、常に承認が必要だとしたら、何となく愛着も生まれない。そこで、バズ部では、上図のように設定している。

△ 4−3.コメントモデレーションとコメントブラックリスト 

コメントモデレーションとコメントブラックリストに関しては、Akismet というプラグインで設定できるので、ここで何かやることはない。Akismet の設定方法を参考にしてスパムコメント対策をしておこう。

4−4.アバターの設定

アバターとはコメント欄に表示される画像のことだ。ここでは、そのアバターの表示に関する設定を行うことができる。

wordpress-basic-settings-211

ここは基本的にデフォルトの設定のままにしておこう。デフォルトアバターに関しては好みのものに変更して頂いても構わない。

尚、Gravatarというサービスを使うと、読者のコメントに返信する時に、その返信文にあなたの顔写真を表示させることができるようになる。サイトの信頼性や親近感が増すので設定することを強くおススメする。

設定方法は、信頼度アップ!WordPress のアバター画像の設定方法』で解説しているので設定しておこう。

また、上図の「評価による制限」に関する詳しい説明も、リンク先の記事の中で行っているので目を通しておこう。

5.△ メディア設定

メディア設定では、WordPress の記事や固定ページに画像を表示する際に、それぞれの画像のサイズを指定するための機能だ。

WordPressの左メニューから「設定 → メディア」の順でクリックするとメディア設定画面にアクセスすることができる。

wordpress-basic-settings-212

ここで、サムネイル画像のサイズ、中程度の画像のサイズ、大きな画像のサイズを指定しておこう。

そうすると、下図のように記事や固定ページに画像をアップロードする時に、その表示サイズを、ここで設定したものの中から選べるようになる。

wordpress-basic-settings-22

この設定をやっておくと、画像挿入後のサイズ調整の必要がなくなり、若干効率化につながる。詳しくは、『WordPress の画像の投稿と各種設定』で説明しているので、そちらも確認しておこう。

6. パーマリンク設定

最後に、パーマリンクの設定だ。

ここでは、簡単に言うと WordPress で作ったひとつひとつのページのURL をどのように表示するかを指定することができる。実はSEOの観点から見ても重要な部分なので、しっかりと設定しておきたい部分だ。

パーマリンク設定画面へのアクセス方法

WordPress 管理画面の左メニューより「設定 → パーマリンク設定」の順でパーマリンク設定画面へアクセスすることができる。

wordpress-basic-settings-23

パーマリンクの設定方法

パーマリンクの設定自体は難しくない。

上の画像のように、カスタム構造にチェックをいれて、” /%postname% ” と入力しよう。これで、記事や固定ページの編集画面で、下図のように、それぞれに固有のパーマリンクを設定できるようになる。

wordpress-basic-settings-241

なぜ、このように設定する方が良いのかは、『WordPressのSEO面で最適なパーマリンクの設定方法』で解説しているので目を通しておこう。

まとめ

かなりボリュームが多いので、読み疲れた方もいるかもしれないが、一つひとつしっかりと把握して、細かく設定できるようになると WordPress の使い方の幅が広がるので、ぜひ実践して欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バズ部のWordPress無料オリジナルテーマ

cta_extension” Xeory (セオリー)”は、バズ部のノウハウをしっかり詰め込んだ、コンテンツマーケティングに特化したWordPressのテーマです。Xeory はWEBマーケティングで結果を出すために次の3つの特長を備えています。

  • ・お問合せなどにつなげる導線の実装が簡単
  • ・ソーシャルメディアと連携する仕組みが導入済み
  • ・内部構造をSEO化にこだわって徹底して改善

世の中に良質なコンテンツが溢れることを想い、テーマは無料でご提供しております。まずはダウンロードしてお試しください。


Xeory テーマを見る

最新の記事情報が取得できます

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

  1. WordPressの制作にとても参考になり、活用させて頂いております。
    キャッチフレーズについてですが
    ここにはキャッチフレーズは入力しない方がよい、とありますが
    http://bazubu.com/what-is-best-for-wp-title-22931.htmlには
    入力すると書かれております。
    実際にはどちらがよいのでしょうか?

    1. d.monさん、コメントいただきありがとうございます。

      WordPressの一般設定において、キャッチフレーズは空白の方が良いです。
      その理由は当記事(『WordPressインストール後すぐやっておきたい6つの初期設定』)に記載の通りです。

      ご指摘の『集客を最大化するためのWordPressのタイトルのつけ方』でキャッチフレーズを入力した例をご紹介しているのは、検索結果でどのように表示されるかをお見せしたかったからです。

      双方の記事の補足通り、しっかりSEO対策をお考えでしたら『All in One SEO Pack の使い方』をご確認いただけますと幸いです。

  2. 4.ディスカッション設定でアバターの設定についてお聞きします。
    ◎となっているのですが、説明欄は△になっています。
    実際はどちらなのでしょうか?
    ご指導をよろしくお願いします。

    1. 簑田さん、ご指摘いただき巻いてありがとうございます。
      「◎」が正解です。
      当記事にも記載されていますが、サイトの信頼性や親近感が増す効果があるので、
      執筆者の写真を用意して、必ず設定した方がよいです。

コメントは停止中です。