WordPressのフロントページを設定してサイト型表示にする方法

20160510-178
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPress のほとんどのテンプレートは基本的にブログタイプのデザインだが、テンプレートによってはフロントページ機能というものを使うとトップページをサイトのように見せることができる。

この方法を知っておくと、自分のブログがある程度成長してきた時に、表示をサイト形式に変更してコンバージョンを獲得するための仕組みなどを導入することができるようになる。

参考に Twenty Twelve というテンプレートの場合は下図のように表示を変更できる。

このようにトップページの表示の変更は簡単にできる。早速解説していこう。

注1:テーマは” Twenty Twelve “を使う
ここではテーマ” Twenty Twelve “のフロントページ機能を使用した設定方法を紹介する。フロントページを使用するには、フロントページ機能が備わっているテーマを選ぶ必要がある。この機能がないテンプレートもあることを覚えておこう。
注2:まずはローカル環境で確認しよう!
設定するといきなり本番で公開されてしまう。ローカル環境でテストするようにしよう。ローカル環境を作る方法は『WordPress のローカル環境の作り方』を読んで設定しよう。

1.固定ページでフロントページを作成する

最初にフロントページを用意しよう。フロントページを作るには

  • 固定ページの作成
  • フロントページのウィジェットの設定

の2つの設定でできる。ここでは、それぞれの設定方法について順に解説する。

1−1.固定ページを作成する

まず、 WordPress の管理画面にログインし、左メニューから「固定ページ → 新規追加」とクリックしよう。

タイトルや本文を作成するのは投稿ページの操作方法と変わらないが、ここでは赤枠箇所の設定に注意しよう。

Twenty Twelve では、固定ページの編集画面の右側に「テンプレート」という項目があり、ページのレイアウトを設定することができる。

ここでは「フロントページテンプレート」と設定する。

テンプレートはテーマによって設定できたり設定できなかったり、また内容も異なるため、テーマを変更する時は必ず確認するようにしておこう。

続いて、ここで作成した固定ページに新着情報やプロフィールを表示する設定方法を紹介する。

1−2.ウィジェットを設定する

まず管理画面の左メニューの「外観 → ウィジェット」とクリックしてウィジェットの設定画面にアクセスしよう。

次に下図の赤枠の「フロントページウィジェットエリア1&2」の設定を行う。

Twenty Twelve では、ウィジェット画面に「フロントページウィジェットエリア」というウィジェットが追加され、フロントページの下部に新着情報やサイト運営者の情報を表示させることができる。

サンプルサイトでは下図のように設定している。

ここで使用しているウィジェットは

  • テキスト
  • 最近の投稿
  • カテゴリー

の3つだ。もちろん他に表示したいウィジェットがあれば追加しよう。

また、サイト作成者プロフィールの実際のコードを貼り付けておくので、設定する際の参考にしてほしい。

<p><img class=”aligncenter size-full” src=”http://wordpress-designer.net/wp-content/uploads/2014/10/IMG_1915-r.jpg” alt=”サイト作成者プロフィール” width=”90″ height=”90″ />初めまして。仲村暢明と申します。<br />コンテンツマーケティングを行うにはWordPressが最も適しています。是非使い方をマスターして下さいね。</p>

ウィジェットの操作方法に関しては『 WordPress ウィジェットの追加と編集方法』で確認しておこう。

2.ブログを表示するページを用意する

WordPress ではデフォルトでトップページがブログタイプで表示される。しかし、フロントページを設定した途端、このブログタイプが表示されなくなる。そこでブログを表示するための“受け皿”となるページを新たに用意する必要がある。

ページの作成方法は簡単で、タイトルとパーマリンクだけ設定すればよい。

まず、管理画面の左メニューから「固定ページ → 新規追加」とクリックしよう。そして、下図の赤枠箇所の通り2点だけ設定して公開する。

最後にフロントページを表示する設定方法を解説する。

3.フロントページの表示設定をする

管理画面の左メニューの「設定」にカーソルを合わせたら表示される「表示設定」をクリックしよう。

フロントページの表示を下図のように設定する。

「固定ページ」を選択して、「フロントページ」には先ほど作成した固定ページを、「投稿ページ」にはブログ形式を表示するページをそれぞれ設定しよう。

設定が完了したら画面の下部にある「変更を保存」をクリックする。

これでフロントページが反映されるので、実際にブラウザで見え方を確認しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バズ部のWordPress無料オリジナルテーマ

cta_extension” Xeory (セオリー)”は、バズ部のノウハウをしっかり詰め込んだ、コンテンツマーケティングに特化したWordPressのテーマです。Xeory はWEBマーケティングで結果を出すために次の3つの特長を備えています。

  • ・お問合せなどにつなげる導線の実装が簡単
  • ・ソーシャルメディアと連携する仕組みが導入済み
  • ・内部構造をSEO化にこだわって徹底して改善

世の中に良質なコンテンツが溢れることを想い、テーマは無料でご提供しております。まずはダウンロードしてお試しください。


Xeory テーマを見る

最新の記事情報が取得できます

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから