成果は保証します!売れるランディングページデザインの10の特徴

20160502-109
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランディングページのデザインは、インターネットの技術の向上に合わせて変遷している。それに伴い、高いコンバージョンを見込めるレイアウトも、めまぐるしく変わっている。

しかし、結局、どのビジネスも最終的には似通ったデザイン/レイアウトに落ち着いていく。

なぜなら、結果を出すランディングページデザイン/レイアウトには、ある一定のルールのようなものが存在するからだ。そして、そのルールに則ってランディングページを作ると簡単に高い数字が出せる。

つまり、ゼロからデザインを考えるのではなく、既に結果が出ることが証明されている成果保証済のレイアウトやデザインを使う方が、遥かに簡単で結果が出やすいのだ。

そこで、近年非常に良く見られるランディングページのレイアウト/デザインをインフォグラフィックでご紹介する。

拡大表示はこちら

出典:http://www.formstack.com/the-anatomy-of-a-perfect-landing-page.html

いかがだろうか?

このレイアウトは、海外で非常に良く見られるもので、日本でも2012年に入ってから急激に増えてきている。今後、多くのサービスや商品が、このようなランディングページレイアウトを採用することだろう。

このようなデザインを採用しているランディングページの実例を見たい方は、海外ブログ「DesignModo」の「20+Examples of Perfect Landing Page Design」を参考にしよう。

最後に:シンプル・イズ・ザ・ベスト

自分の企画やアイデアに酔ってしまい、必要以上に凝ったランディングページにしたがるデザイナーは非常に多い。しかし、ランディングページのデザインに奇抜さはいらない。訪問者が一目で情報を掴みやすいデザイン、読みやすいフォントが大前提だ。

従って、上のインフォグラフィックの10の要素をより引き立たせるためのデザインを心がけよう。

また、上のインフォグラフィック中のランディングページレイアウトは、「基本」だ。慣れて来たら、他のレイアウトを試す余裕も出てくるだろう。レイアウトを変更することで、ランディングページの目的の達成に近づくと判断出来るなら、そうしてみよう。

もちろん、その際は、A/Bテストをしてコンバージョン率を比較していくようにしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料EBook:バズ部式マーケティング
PPC広告費を1/10にして売上を倍増させる全手法

PPCに頼り切ったマーケティングの打開策としてコンテンツマーケティングについて調べているがよく分からないと悩んでいませんか?

本書は弊社やクライアント様がコンテンツマーケティングに取り組み

  • ・SEOのみで月間100万PV集めた方法
  • ・平均6.92%のコンバージョン率が出た新規顧客獲得法
  • ・CPLやCPAを大幅に改善した方法とそのからくり

など、コンテンツマーケティングの効果と、具体的な施策内容を全94ページに渡って詳細に解説しているものです。

是非、貴社のWEBマーケティングにもご活用下さい。


EBookをダウンロード

最新の記事情報が取得できます

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから