スティーブン・キングに学ぶ人を惹き付ける文章を書くための13ヶ条

20160502-57
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文字でのコミュニケーションがメインとなるWEBマーケティングにおいて、人を惹き付けるための文章力は必要不可欠だ。

それでは、人を惹き付ける文章とは、どのようなもので、どうすれば書けるようになるのだろうか?

本日は、『ショーシャンクの空に』や『グリーンマイル』などの名作を生み出したスティーブン・キングの発言をもとに、魅力的な文章の13ヶ条をご紹介する。

1.読者の生活を豊かにするために書く

文章はお金儲けの手段でも、有名になる手段でも、モテる手段でも、友達を作る手段でもない。ライティングとは、あなたの作品を読んでくれる人びとの生活を豊かにするものであり、その結果として、あなた自身の生活も豊かにしてくれるものだ。

常に、読者に対して、何らかの気付きや楽しみを与えよう。

2.一つの作品で全員を一度に満足させれらない

一度に全ての読者を楽しませる文章を書くことはできない。

それどころか、一部の読者でさえ、ずっと楽しませ続けることは不可能だ。従って、全員に焦点を当てるのではなく、一部の読者に楽しんで貰えるようなものを常に書き続けよう。そして、次は違う読者に楽しんで貰えるようなものを書こう。

そうやって書き続けることによって、結果的に多くの人に楽しんで貰えるようになる。

3.沢山読み沢山書く

もし、良いライターになりたいなら、あなたは2つのことをしなければいけない。

  • 沢山読むこと
  • 沢山書くこと

そのために、最も有効な方法は、今すぐにテレビのプラグを引っこ抜き、丸く包んで、壁の間に放り込むことだ。

それだけで、どれだけ多くのアイデアが浮かんでくるか体験してみて欲しい。

4.成功は最初の一歩から始まる

目標が遠くて、近づけそうな気がしないとしても、最初の一歩を踏み出そう。

もし、あなたが、何か新しいことを始める勇気を持ち、最初の一歩を踏み出し、前進を続けることができるなら、成功を引き寄せることもできるはずだ。

5.1の傑作と99の駄作

まだ読者が一人もいないとしても、あなたが書くことを楽しんでいる限り関係ない。新しいものを生み出し続けよう。そして、一人ずつ一人ずつ、読者を獲得していこう。

他人が、あなたの作品を、傑作だとか駄作だとか言っても気にする必要はない。私(スティーブン・キング)は、1の傑作と、99の駄作を書いてきた。

6.情熱(パッション)に従う

他人から何を言われようと、あなたがやりたいことをやろう。私(スティーブン・キング)は、家族や先生から物書きになることを反対されていた。しかし、自分が信じるもの、好きなもののために時間と努力をつぎ込んだ。

7.書くことに喜びを持つ

もし、書くことに喜びを感じないのであれば成功は難しい。物書きは書く事を仕事だとは思っていない。もちろん、作品のおかげで、家のローンや子供たちの学費を払えているが、、、。

しかし、突き詰めて考えると、私(スティーブン・キング)が、文章を書き続けている理由は、純粋に楽しいからだ。そして、もし、あなたも、自分自身が楽しむために書いているなら、永遠に新しい作品を生み出し続けることができる。

8.自分だけのライティングのための場所を持つ

文章を書く時は、日常のあらゆる問題から離れよう。自分だけの場所を見つけよう。

テレビを消してドアを閉めて集中しよう。集中を妨げる全ての要素を排除しよう。そうすることによって、あなたの人生の質が上がり、時間にもっと余裕が生まれる。

9.勇気を出してあなた自身を他人に見せる

文章の中に、あなたの個人的な体験や知識を注ぎ込もう。あなたの体験や知識こそが、あなたの文章をユニークにしてくれる。あなたは自分だけの考えや興味を持っているはずだ。勇気を持って、あなたの考えや知識を人に伝えよう。

10.ファーストドラフト ー10%=セカンドドラフト

ファーストドラフト(草稿)を書き終えたら、何か他のことをして少し時間を置こう。そして、文章を読み直してみよう。誤字脱字を直して、不明瞭な部分を修正しよう。不必要な文章を削って、全体を短くしよう。

ファーストドラフトを10%削ったものが、セカンドドラフトになる。

11.文章の構成、内容、余白の全てに意味がある

「その文章がどう見えるか?」は、「その文章が何を言っているのか?」ということと同じぐらい重要だ。文章の構成、内容、余白の全てに意味がある。

一度文章が完成したら読みなおして、読みやすさをチェックしよう。

12.自分が自分の教師になる

授業やレッスンやセミナーで学んだことは忘れよう。あなたがベストの努力と行動をつぎ込んだときに最も多くを学ぶことができる。

最も価値のあるレッスンとは、自分で自分に教えることだ。

覚えておこう。

悪いライターを平凡なライターにするのは不可能だとしても、そして、良いライターを最高のライターにするのは不可能だとしても、平凡なライターが、決意を持ってハードワークをすれば、良いライターになるのは簡単なことだ。

13.決して諦めるな

それが、どれだけ困難なものだとしても、決して夢や目標を諦めてはいけない。良いライティングとは、何千時間も、自分の文章構成を考えたり、何万時間も他人の文章構成を研究したりという努力の結果だ。

書くことに集中しよう

人気雑誌New Yorkerの編集を勤め、自身でも4つのベストセラー本を書き上げたマルコム・グラッドウェルは、天才を次のように定義している。

「天才とは何事かに1万時間以上取り組んだ人。」

もし、あなたが良いライターになりたいなら、書くことに集中しよう。

そして、この13ヶ条を参考にして欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料EBook:バズ部式マーケティング
PPC広告費を1/10にして売上を倍増させる全手法

PPCに頼り切ったマーケティングの打開策としてコンテンツマーケティングについて調べているがよく分からないと悩んでいませんか?

本書は弊社やクライアント様がコンテンツマーケティングに取り組み

  • ・SEOのみで月間100万PV集めた方法
  • ・平均6.92%のコンバージョン率が出た新規顧客獲得法
  • ・CPLやCPAを大幅に改善した方法とそのからくり

など、コンテンツマーケティングの効果と、具体的な施策内容を全94ページに渡って詳細に解説しているものです。

是非、貴社のWEBマーケティングにもご活用下さい。


EBookをダウンロード

最新の記事情報が取得できます

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから