BackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法

20160510-142
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あらゆるリスクに備えてデータのバックアップは不可欠だ。そこで、次の2つを叶えるバックアップができればかなり心強いだろう。

  • 定期的に自動でバックアップが取れる
  • 自動バックアップのスケジュールを自由に設定できる

詳しくは後ほど解説するが、数多くある WordPress のプラグインでこれを可能にして、安定的な動作をしてくるのが「BackWpup」である。

ここでは、 BackWPup を使ってファイルとデータベースのバックアップを取る方法をご紹介しよう。

WordPressのバックアップの基本

最初に、誤ったバックアップをして復元ができなかった、ということがないように WordPress の基本的な仕組みについて解説しておこう。

通常、Webページは、「静的ページ」と呼ばれるHTMLファイルで作られている。

しかし、WordPress の場合、「動的ページ」と言って、ユーザーがページにアクセスする度にデータベースからデータを引っ張り、そのデータを元に、都度、HTMLファイルが作られる。

静的ページであれば、サーバー上のデータを単純にバックアップするだけで良いのだが、WordPress のような動的ページの場合は、次の2つのバックアップを取る必要がある。

  • サーバー上のデータ:画像ファイル、テーマ、プラグインなど
  • データベース上のデータ:記事、カテゴリ、コメント、管理画面の設定情報など

このことを覚えた上でバックアップを取るようにして欲しい。

WordPressのバックアップ方法  ( BackWPup )

WordPress では、BackWPup というプラグインを使うと、サーバー上とデータベース上の2つのデータのバックアップを安定して行うことができる。BackWPup の設定は、全て英語 だが、図の通り進めるだけで簡単に完了するので、安心して読み進めてほしい。

※インストール方法は、『WordPress プラグインのインストールと停止・削除・更新の方法』を参考にしよう。

BackWPupをインストールしたら、管理画面の左メニューから「BackWPup → Add new job(新しいジョブの追加)」の順にクリックしよう。

するとバックアップの設定画面にアクセスすることができる。

バックアップの設定には、次の2つの方法がある。

  • 自動バックアップ
  • 手動バックアップ

基本的に自動バックアップを推奨する。しかし、早急にバップアップを取りたいという状況も起こりうるので、手動バックアップについても後ほど解説する。

また、BackWPup を設定する時に「 job(ジョブ)」という言葉が頻繁に出てくる。

あなたがスマートフォンで目覚まし時計を設定するとき、何時何分にどんなメロディーを流すか、スヌーズ機能はオンにするか、という設定プランを作るだろう。 job とは、この“設定プラン”と同じ意味と考えてよい。まずは、自動バックアップの“設定プラン”を作る方法を紹介しよう。

1.自動バックアップの設定方法

最初にサーバー上のデータ(画像データ、テーマなど)を自動バックアップする設定を行う。最初にお伝えしたように、WordPressでは、

  • サーバーの自動バックアップ
  • データベースの自動バックアップ

の2つのバックアップを取る必要がある。まず前者の設定方法からご説明する。

1−1.サーバーの自動バックアップの設定方法

サーバー上のデータのバックプランは、次の2つの項目をかなえる内容がベストだ。

  • サーバー上のデータは、週に1回、過去3ヶ月分をバックアップする
  • 自動バックアップは、アクセス数が一番少ない深夜の時間帯に行う

画像データを含むサーバー上のデータのバックアップのサイズは、おそらく数十〜数百MB(メガバイト)になるだろう。このサイズのバックアップを頻繁に行うとサーバーの容量を無駄に消化し、またサーバー処理に相当な負荷がかかってしまう。

そのため、記事の更新頻度にもよるが、週に1回ほど、過去3ヶ月分のデータをバックアップして、ローカル上に保存するようにすれば良いだろう。

さらにバックアップの処理を、アクセスの多い時間帯に設定すると表示速度が遅くなる原因になり、ユーザーは離脱してしまう。アクセス数が一番少ない時間帯に行われるように設定することで、サイトのユーザビリティを損なうことなくバックアップを行えるようになる。

以上をふまえて設定を行う。

1−1−1.一般設定

まず「General(一般設定)」タブでは、次の通り設定を行う。

「Job Name(ジョブ名)」は、分かりやすい名前を入力しておこう。今回は、サーバー上のデータをバックアップするので「File backup」とした。

また「Job Tasks」には次の5種類がある。「File backup」にチェックを入れよう。

  • Database backup(データベースのバックアップ)
  • File backup(ファイルデータのバックアップ)
  • WordPress XML export(WordPressの全て記事テキストデータの出力)
  • Installed plugins list(プラグインのリスト出力)
  • Check database tables(データベースチェック)

「Database backup」と「Installed plugins list」は、データベースのバックアップの設定で使用する。「WordPress XML export」は、データベースのバックアップを取るので不要だ。

「Check database tables」は、データベースをチェックするプログラムを走らせる機能だが、今回は外す。

「Archive Format」には、次の4種類がある。

  • Zip(Windows で良く使用される圧縮方式。GZipの前身)
  • Tar(複数のファイルを1つにまとめる方式。UNIX 系 OS でよく使われる)
  • Tar GZip(GZip は、UNIX 系 OS で広く普及している圧縮方式)
  • Tar BZip2(BZip2 は、GZip より処理時間がかかるが、圧縮率が高いこともある)

ここは利用環境に合わせて選択しよう。Windows ユーザーの方は「Zip」、Mac ユーザーの方は「Tar GZip」を選択すると良い。

続いてバックアップ先と自動転送メールの設定を行う。

どこにバックアップデータを保存するかを決める。「Backup to Folder」にチェックを入れよう。他にもいろいろとバックアップ先が選べるが、まず自社サーバーに保存できれば良い。

次にログに関する自動転送メールの設定だが、デフォルトのままにしよう。

図は、ログを取るごとにメールが届くとどんどん貯まっていくので、エラーがあったときだけに来るような設定になっている。

1−1−2.スケジュール設定

「Schedule(スケジュール)」タブをクリックして、図の通り設定しよう。

「Start job」では、バックアップをとるタイミングを設定する。

  • manually only(手動でバックアップをとる)
  • with WordPress cron(自動でバックアップをとる。cron(クーロン)とは、スケジュール通りに設定プランを実行する機能のこと)
  • with a link http://[アドレス](外部からアドレスにアクセスするとバックアップをとる)

自動で行うため「with WordPress cron」にチェックを入れよう。

CLI は、テキストベースの対話形式で操作する方法なので、特に不要だ。

「Schedule execution time(スケジュール実行時間)」では、日付の詳細設定は不要なため「Basic」を選択する。

続いて、いつバックアップを実行するか設定しよう。

バズ部では、深夜の2時から4時の時間帯が一番アクセス数が少なかったので、これを根拠に図のように「毎週日曜日の深夜3時」という設定を行った。

もちろん、あなたのサイトへのアクセス状況を見て、曜日と時刻は変えてかまわない。

1−1−3.バックアップするファイルの設定

これは下図の通り全てデフォルトのままで良いだろう。

大きく分けて以下の5項目のデータのバックアップを取る。

  • Backup root folder(サイトの最上層のバックアップ)
  • Backup content folder(主要データのバックアップ)
  • Backup plugins(プラグインのバックアップ)
  • Backup themes(テーマののバックアップ)
  • Backup uploads folder(主に画像ファイルのバックアップ)

これらは全て図の通りデフォルトのチェックで問題ない。

また「Exclude」とは、「除外」という意味である。キャッシュや BackWPup に関するデータはバックアップ対象外にした。

キャッシュは、一時保存ファイルであり、古くなったものは不要なため取らない。

また、BackWPup の稼働中に自身のデータのバックアップを取る、というのはバックアップの不具合を誘発する可能性が考えられるため、行わない。

続いて残りの設定も次の図の通りでOKだ。主にサーバー管理者向けの内容となるので、デフォルトのままで問題ない。

1−1−4.バックアップ先:フォルダ

バックアップの保存先を次の図の通り設定しよう。

次の保存先名を参考にして、管理する際にわかりやすい名前をつけよう。

例./home/◯◯◯.co.jp/public_html/wp-content/uploads/file-backup/

「File Deletion(ファイルの削除)」では、3ヶ月分のデータを保存するため「12」とした。(月4回×3ヶ月=12バックアップ)

図のように「Save changes(更新ボタン)」をクリックしよう。

これでサーバー上のデータのバックアップ設定は完了だ。

1−1−5.設定の確認方法

設定内容の通りでバックアップデータは取れているかを確認しよう。図のように「Run now」をクリックすると、設定プランは実行される。

次の画面が表示され、バックアップが実行されている経過が表示される。「Job completed(実行完了)」と表示されたらバックアップが完了だ。

続いて、バックアップしたデータをダウンロードしよう。

管理画面の左メニューより「BackWPup → Backups」をクリックする。

すると実行されたバックアップの履歴が表示される。「File」にカーソルをあてると「Download」リンクが表示されるので、クリックするとバックアップデータのダウンロードが可能だ。

ダウンロードしたデータを開いてみよう。下図の赤枠の通りに3つのフォルダが表示されれば、サーバー上のデータのバックアップはうまくいったと考えて良い。


ここでさらにリスク回避の強化をするなら、サーバー上に定期的に取られたバックアップを手動でダウンロードしてローカルに保存するとベストだ。これはサー バー障害時の対策で、万が一、サーバー上のデータが消失した時のリスクを回避するためのものだ。バックアップを様々な方法で取りすぎると管理が煩雑になり 良ろしくないが、サーバーとローカルの両方で定期的にバックアップを取ることは、あなたのコンテンツを大いに守ってくれる。

続いてもう一つのデータベース上のデータのバックアップを行おう。すでにプラン設定を一度行うと、あとはその繰り返しなので簡単だ。

1−2.データベースの自動バックアップ設定方法

データベース上のデータの設定プランは、次の2つの項目をかなえる内容がベストである。

  • データベース上のデータは、毎日、過去1ヶ月分をバックアップする
  • 自動バックアップは、アクセス数が一番少ない深夜の時間帯に行う

毎 日、バックアップを行う一番の理由は、あなたの財産と言っても過言ではないコンテンツをあらゆるリスクから守るためだ。可能性として一番高く考えられるリ スクは、人的な操作ミスだ。複数人で同じコンテンツを管理して、結果的に先祖帰りを起こしていたりする時にバックアップが頼りになる。

1−2−1.一般設定

「General(一般設定)」タブでは、次の通り設定を行う。
詳細に関しては「1−1−1.一般設定」を参考にしてほしい。

そして、バックアップ先と自動転送メールの設定を行う。

1−2−2.スケジュール設定

続いて「Schedule」タブに移り、下図の通り設定しよう。詳細は、「1−1−2.スケジュール設定」を確認してほしい。

1−2−3.バックアップするデータベースのファイル設定

下図の通り設定を行おう。

「Tables to backup(データのバックアップ)」では、すべてチェックを入れよう。

サーバー上のデータと比べてバックアップのファイルサイズはとても小さいので、すべてバックアップをとっても問題ないだろう。

また、全てのデータのバックアップを取っておいて、これを減らすことは出来きる。しかし、不足したデータ自体を復元することは不可能だ。

「Backup file compression(ファイルの圧縮)」について、「GZip」を選択して圧縮しよう。データベースのデータは、圧縮すると大幅にサイズ容量が押えられる傾向があるからだ。

実際、テスト環境で試したところ、1.6MB(メガバイト)あったファイルサイズが、130KB(キロバイト)まで押えることが出来た。実に80%以上の圧縮率だ。

1−2−4.バックアップするプラグイン一覧の設定

次の図の通り設定しよう。

プラグイン一覧は、どのプラグインをインストールしているかが一目で確認できるので便利だ。主にサーバーの復元時や移管の際に使用する。

サーバーの移管の予定が当面なくても、ファイルサイズは数KBと圧縮も必要ない程小さいので、取っておいても問題ないだろう。

1−2−5.バックアップ先:フォルダ

次の保存先名を参考にして、管理する際にわかりやすい名前をつけよう。

例./home/xtwolucy/xtwolucy.xtwo.jp/public_html/wp-content/uploads/database-backup/

「File Deletion(ファイルの削除)」では、1ヶ月分のデータを保存するため「30」とした。(月30回×1ヶ月=30バックアップ)

サーバー上のデータのバックアップと同様に3ヶ月分でもかまわないが、記事の場合、3ヶ月も経つと新しいコンテンツがたくさん反映されるだろう。あまり古いデータのバックアップは不要なので1ヶ月分とした。


サーバー上のデータのバックアップと同様、リスク回避の強化をするなら、サーバー上に定期的に取られたバックアップを手動でダウンロードしてローカルに保 存するとベストだ。サーバー障害時の対策で、万が一、サーバー上のデータが消失した時のリスクを回避するためのものだ。

詳細の確認方法については、「1−1−5.設定の確認方法」を参考にしてほしい。

2.手動バックアップの方法

手動バックアップが役立つ状況は、サーバーの移管時だろう。BackWPup は、すぐにでもサーバー上のデータとデータベース上のデータもまとめてバックアップできるので、便利なプラグインだ。

早速、設定方法を紹介しよう。

まず、管理画面の左メニューから「BackWPup → Add new job(新しいジョブの追加)」の順にクリックしよう。

そしてバックアップの設定画面にアクセスする。

ここでは、次の3つのバックアップをとる設定を行う。

  • Database backup(データベースのバックアップ)
  • File backup(ファイルデータのバックアップ)
  • Installed plugins list(プラグインのリスト出力)

ここから先は図の通り進めるだけだ。詳細については、自動バックアップのところで説明したものと同じなので割愛する。

2−1.一般設定

2−2.スケジュール設定

ここで「manually only」を選択することで、手動のバックアップを取ることができる。

2−3.バックアップするデータベースのファイル設定

2−4.バックアップするファイルの設定

特に「Exclude from backup」の赤枠内などは、サーバー管理者向けの内容となるので、デフォルトのままで問題ない。

2−5.バックアップするプラグイン一覧の設定

2−6.バックアップ先:フォルダ

次の保存先名を参考にして、管理する際にわかりやすい名前をつけよう。

例./home/◯◯◯.co.jp/public_html/wp-content/uploads/20140526-backup/

ここで一番注意してほしいのがバックアップ先の「フォルダー名」だ。

このフォルダー名を誤ってデフォルトにしたとしよう。
そして今回は、手動バックアップ1回だけを取るとして、「File Deletion(ファイルの削除)」を「1」にする。
この状況でバックアップを実行すると、最新の手動バックアップのデータ1つを残して、過去に自動でバックアップを取っていたデータが全て削除されてしまう。

必ずフォルダー名は、過去に取ったバックアップと重複しない名前にしよう。

全ての設定が完了したら、図の「Save changes(更新ボタン)」をクリックしよう。

これで手動でのバックアップ設定は完了だ。

2−7.ダウンロード方法

手動でバックアップしたデータをダウンロードする方法を紹介しよう。

図のように上部に「Run now」が表示されるのでクリックしよう。するとバックアップは、実行される。

「Job completed(実行完了)」と表示されたらバックアップが完了だ。手動バックアップのジョブが赤枠のように表示されたら問題なくバックアップが実行された。

バックアップしたデータをダウンロードするために、管理画面の左メニューより「BackWPup → Backups」をクリックしよう。

ここでは、実行されたバックアップの全てを閲覧することができる。

該当する「File」にカーソルを持っていくと次の図のように

「Download」リンクが表示されるので、クリックするとバックアップデータのダウンロードが開始する。

ダウンロードが完了するまで WrdPress 管理画面を操作しているブラウザは、閉じずにそのままにしておこう。

ダウンロードが完了したらファイルサイズを確認しよう。BackWPup の管理画面に表示されるファイルサイズと同じサイズであれば成功だ。

補足:バックアップ一覧にデータが見当たらない時の解決方法

管理画面の左メニュー「BackWPup → Backups」よりアクセスしたバックアップ一覧画面にデータが見当たらない!という時に覚えておくと良い操作方法を紹介しよう。

これは、普段から自動バックアップを行っており、早急に最新のバックアップ・データが必要となった時に起こりえることだ。


下図の通り「FOLDER」のプルダウンメニューをクリックして該当のフォルダー名を選択しよう。そしてすぐ右隣りの「Change destination(保存先の変更)」をクリックすると閲覧できる。

まとめ

これでWordPressのバックアップを取る方法は完了だ。もし、バックアップファイルをもとにサイトを復元したい場合は、『簡単!WordPressのバックアップデータの復元方法』を参考にして欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バズ部のWordPress無料オリジナルテーマ

cta_extension” Xeory (セオリー)”は、バズ部のノウハウをしっかり詰め込んだ、コンテンツマーケティングに特化したWordPressのテーマです。Xeory はWEBマーケティングで結果を出すために次の3つの特長を備えています。

  • ・お問合せなどにつなげる導線の実装が簡単
  • ・ソーシャルメディアと連携する仕組みが導入済み
  • ・内部構造をSEO化にこだわって徹底して改善

世の中に良質なコンテンツが溢れることを想い、テーマは無料でご提供しております。まずはダウンロードしてお試しください。


Xeory テーマを見る

最新の記事情報が取得できます

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

  1. 有限会社メモリー・城之内

    お早うございます
    seoその他のit関連について素人の私ですが、目から鱗のバズ部の解説です。
    二つのサイトを運営・管理して結婚相談所を営んでいます、両サイトともwordpress仕様です。
    本当に、勉強になります。これからも仲村様の記事を参考にコンテンツの質を高めてユーザーさまに支持されるサイトを目指します、ありがとう。

    1. 城之内様
      うれしいコメントをありがとうございます。
      必要に応じて記事は更新・改善してまいります。
      よろしくお願いします。

  2. 初めまして。

    wordpressを初めて使い始めて、このサイトを参考に色々と設定しております。

    BackWPUPでデータベースバックアップを行ったところ以下のエラーとなります。
    MySQLとは何?という初心者です。
    お手数ですが対処方法を教えて頂けますと助かります。

    使用しているサーバー:ロリポップ
    wordpress:ロリポップの簡単インストールを使って最新版をインストール

    以下エラー画面抜粋です
    1. データベースをバックアップします …
    エラー: MySQLi拡張モジュールが見つかりませんでした。それをインストールしてください。

    ・・・
    エラー: ジョブは0秒でエラー終了しました。エラーを解決する必要があります。

    ※ファイルバックアップも以下警告となりましたが、
    こちらはパーミッションが000となっておりましたので400に変更して対応しました。
    参考までにパーミッションは何が適切なのでしょうか?

    警告: ファイル”**/wp-admin/install.php”が読めません!

  3. 先ほど質問した加藤と申します。
    申し訳ありません。検索したら解決出来ました。
    お手数おかけいたしました。

    1. 加藤様

      解決したとのこと、良かったです。
      低価格サーバーの場合、ビジネスブログとして使用すると何かと問題が発生する可能性が高いです。
      そこでバズ部ではX2(エックスツー)サーバーの使用を推奨しています。
      最適なサーバーの3つの条件とおすすめサーバー』に理由を書いてますので、ご参考にしていただけますと幸いです。

  4. はじめまして。
    ほぼ初心者ながら、こちらのサイトを参考に作業させていただいております。
    BackWPUPでデータベースのバックアップをこころみたところ、エラーが出てしまい、解決策がわからず困っています。
    厚かましいお願いですが、もし解決策があれば教えていただけないでしょうか?

    エラー内容は以下です。
    エラー: utf8mb4にDBの文字セットを設定することはできません。

    使用しているサーバーはXサーバーです。
    ローカル環境で作成したものを本番サーバーに移して作業しました。

    sqlファイルを確認すると「COLLATE utf8mb4_unicode_ci」という文字が複数書かれておりました。
    ここを削除すればいいのでしょうか?

    お手数ですが、宜しくお願いいたします。

    1. utf8mb4とは、「4バイト(日本語文字は3バイト)を使用する”UTF-8″という文字コード」という意味です。
      記事上で人名や地名などに難しい漢字をお使いではないでしょうか?
      (具体的には「MySQL日本語処理現状と今後」の5ページ参照)

      対処方法については直接、レンタルサーバー会社様にお問い合わせいただいた方が、解決策をご教授いただけるかと思います。

      ちなみに freefielder さんの『WordPress で 4バイト文字を扱えるようにする。』がとても分かりやすいので参考になります。

  5. 未だ解決できずにほとほと困っておりました。
    freefielder さんの記事も参考にさせていただきます。
    ありがとうございました!

  6. WordPressは4.2からDBの文字コードをutf8mb4に変更しましたので、その影響が出ている可能性もありそうですね。

  7. はじめまして、昨日からワードプレスを始めた超初心者です。どのサイトよりも丁寧で分かりやすい説明なので参考にさせていただいてます。
    本ページの手順で、backupの設定を進めて行ったのですが、サーバーのバックアップは1-1-5で問題ない事を確認できたのですが、データベースの設定後、1-1-5の手順で確認したところ、wp-admin,content,includesのファイルがフォルダの中にありません。何度試してみてもないのですが、、、。データベースのバックアップフォルダにはwp-admin,content,includesがふくまれてないものなのでしょうか?コメントいただければありがたいです。

    1. るコ。さん、コメントありがとうございます。

      フォルダがなくて正解です。
      データベースのファイルは1つだけです。
      当記事を例に示すと「●●_wp1.sql」というファイルになります。

  8. 御親切に返信ありがとうございます。sqlファイルはあります!バックアップできているみたいです。不安がひとつ解消できましたありがとうございます。引き続きここでいろいろ勉強させていただきます。