WordPress で自動投稿(予約投稿)を設定する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPress では、来客が入っている時や休日など手が離せない時のために、作成した記事を、あらかじめ予約した日時に自動で投稿できる機能がついている。

また、Jetpack というプラグインを使うことで、ソーシャルメディアへの投稿も自動化することができる。

そこで、このページでは、WordPress の記事の自動投稿と、それをソーシャルメディアへも自動投稿するための設定方法をご紹介する。

WordPress で投稿する際に守るべきルールを抑えておこう
WordPressの基本的な投稿方法は、『集客効果を最大化するための WordPress の投稿方法』で説明しているので確認しておこう。

1.WordPress の自動投稿の設定方法

WordPress で記事の自動投稿を設定する方法は非常に簡単だ。記事が完成したら、投稿画面の「すぐに公開する」の右側にある「編集」ボタンをクリックしよう。

wordpress-auto-post-01

「編集」ボタンをクリックすると公開したい日時を設定するための入力項目が開ので記事を投稿したい日時を指定しよう。

wordpress-auto-post-2

日時を指定して「OK」をクリックすると、青色の「公開」ボタンの文言が「予約投稿」に変わる。

wordpress-post-3

「予約投稿」をクリックすると自動投稿のセットは完了だ。

予約投稿の設定後に、指定した日時を変更したい場合も、全く同じ手順で変更することができるので安心だ。

2.各種ソーシャルメディアに自動投稿する方法

 WordPress は、Jet Pack というプラグインを使うことによって、WordPress で記事を公開した時に、Facebook・Twitter・Google+ の各種ソーシャルメディアにも、自動で投稿することができる。

注1:
ソーシャルメディアへの自動投稿の際は、例えば Facebook ページに意図していなかった画像が反映されたり、または画像が読み込まれなかったりといった不具合が起こる可能性がある。そのため弊社では、ソーシャルメディアへの投稿は全て手動で行っている。
注2:
Jetpack には、ソーシャルメディアへの自動投稿以外にも、ソーシャルボタンの設定やお問い合わせフォームの設置などさまざまな機能がある。しかし現状では、例えばソーシャルボタンの設定なら、WP Social Bookmarking Light の方が、お問い合わせフォームの設置なら Contact Form 7 の方が使いやすいし高機能だ。プラグインのインストールは、バズ部でおススメしている『おすすめ プラグイン』を優先することを推奨する。

2−1.Jetpack の設定

Jetpack をインストールしたら、管理画面の左メニューに「Jetpack」という項目が追加されるのでクリックしよう。下図の画面になるので「アカウントを連携して利用開始」をクリックしよう。

wordpress-auto-post-4

WordPress.com のアカウント作成時に指定したユーザー名とパスワードを入力後、「Jetpack の認証」をクリックしよう。

WordPress.comのアカウントは、プラグインのAkismet の設定の時に作成しているはずだ。まだ、Akismet の設定をしていない方は、そちらの設定を先に行っておこう。

wordpress-auto-post-5

認証が完了すると、以下の画面になるので、左サイドメニューの「Jetpack → 設定」をクリックしよう。

wordpress-auto-post-6

「パブリサイズ共有」にカーソルを合わせて「設定」をクリックしよう。

wordpress-auto-post-7

それぞれ、紐づけたいソーシャルメディアを選択して「連携」をクリックしよう。連携する際は、それぞれのソーシャルメディアにログインしている必要があるので、あらかじめログインしておこう。

wordpress-auto-post-8

アカウントの連携が完了すると、下図のように連携アカウントが表示されるので、どのブログがどのアカウントと連携しているのかはいつでも確認することができる。

wordpress-auto-post-9

各種アカウントとの連携を完了後、ページの下の「保存」ボタンを忘れずにクリックしておこう。これで、Jetpack の設定は完了だ。

2−2.各種ソーシャルメディアの自動投稿の設定

Jetpack の設定を終えると、記事を投稿する際に、各種ソーシャルメディアへの自動投稿と可否を設定することができる。投稿画面で下図の「編集」ボタンをクリックしよう。

wordpress-auto-post-10

下図のように、どのソーシャルメディアに自動投稿するのかを選択することができる。また、カスタムメッセージに入力した文言が、それぞれのソーシャルメディアに自動投稿されるので、変更したい場合は、ここも編集しておこう。

wordpress-auto-post-11

これらの機能は、もちろん WordPress の自動投稿時にも設定することができる。各種ソーシャルメディアに自動投稿する方法は以上だ。

まとめ

途中でもお伝えしたように、弊社では基本的にWordPress 及びソーシャルメディアへは全て手動で投稿している。

なぜなら、特にソーシャルメディアへ自動投稿すると、意図していない画像が挿入されてしまったり、記事のURLが短縮URLになってしまったりなど、好ましくないことが起こってしまうからだ。

基本的には投稿は手動で行うことにして、自動投稿はどうしてもそれが必要な時だけ行うようにしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最高の結果を出すためのサイト制作サービス
『 bazubu-shiki 』

cta_bazubushiki“ bazubu-shiki(バズブシキ)” は、バズ部の運営ノウハウを詰め込んだ、メディアサイトの制作サービスです。

  • ・WEBの専門知識がなくても、ブログ記事の更新が可能
  • ・検索エンジンを徹底的に研究した内部構造なので、SEO対策に最適
  • ・お問い合わせやリードの獲得に繋げる、導線の実装が簡単

デザインの作成、SNSへの連携、サーバー管理などはバズ部が一貫して行いますので、あなたは、安心してコンテンツ作りに集中することができます。
WEBマーケティングで最高の結果を出すために、ぜひ導入してみてください。


" bazubu-shiki " について詳しく見る

最新の記事情報が取得できます

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから