WordPress と Facebook を効果的に連携させるための4つの方法

20160510-144
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツマーケティングを行うには作成したコンテンツを多くの人に見てもらうことが重要だ。

そして、Facebook はあなたのコンテンツをまだ知らない人に届けるために非常に役に立つ。さらに、WordPress は、Facebook をはじめとしたソーシャルメディア関連の設定が簡単に出来るようになっている。

そこで、ここではコンテンツマーケティングに必須の

  • WordPress と Facebook の連携方法 (OGP の設定方法)
  • 記事を作成する時の Social Meta の設定方法
  • Facebook ページへの投稿方法

をご紹介する。

これを行うことで、あなたが作るコンテンツが Facebook でシェアされる可能性を大きく上げることができる。これら全てを行って、はじめて WordPress と Facebook が連携していると言えるものなので、しっかりと設定できるようになって欲しい。

※注1
当記事の内容を実践する前にFacebook ページを用意しておこう。
※注2
当ページの内容を実践して、WordPress と Facebook の連携をしたら、WordPress に Likebox といいね!ボタンも設置しておこう。それぞれの方法は『WordPress に Facebook の Likebox を設置する方法』『WP SocialBookmarking Light の設定方法と使い方』で解説しているので確認しておこう。
注3:「Facebook プロフィールIDの取得方法」を追加
FacebookのプロフィールIDを取得するツールとして使用される“https://graph.facebook.com/username” が現在、使用できなくなっている。その代替ツールとなる”Graph API Explorer”の使い方を追加した。
(記事更新日:2015年6月24日)

1.WordPressとFacebookの連携(OGPの設定)

WordPress と Facebook を連携させるために、最初にやっておくべきことが OGP の設定だ。

OGP とは、簡単に言うと、あなたの記事が「いいね!」された時に、Facebook のニュースフィードに表示されるタイトル・画像・ディスクリプション(タイトル下の抜粋文)を、意図したものに設定できる機能のことだ。

facebook-wordpress-91

OGP を設定していなくても、「いいね!」ボタンは使えるが、その場合は、意図していない画像やタイトル・ディスクリプションが表示される可能性がある。

上の図の例で言えば、WordPress のプラグインに関する記事なので、アイキャッチ画像は、WordPressユーザーの興味を引くようなものにすることが理想的だ。しかし、OGP 設定前の左側のものは、WordPress を連想させない画像が表示されている。

細かい違いだが、コンテンツの拡散効率に影響するのでしっかりと設定しておきたいものだ。

横文字が多くて難しそうに見えるかもしれないが、やることは非常に簡単なので安心して欲しい。

1−1.Facebook ページを WordPress に連携

それでは早速、連携の設定を行っていこう。

まずは Facebook ページ側の設定だ。やることは簡単だ。 Facebook ページを開いて、画面上部の「設定」をクリックしよう。

wordpress-facebook-12

設定画面に移るので、左メニューの「ページ情報」をクリックして、右側の「ウェブサイト」の項目の「編集」をクリックしよう。

wordpress-facebook-2

入力欄が表示されるので、サイトの URL を入力して「変更を保存」をクリックしよう。

wordpress-facebook-3

これで、Facebook ページから WordPress サイトにリンクが付く。そして、Google も、「この Facebook ページの所有者と、このサイトの所有者は同一人物だ。」ということが分かるようになる。

Facebook ページ側でやっておく設定はこれだけだ。

1−2.WordPress を Facebook に連携

次に、WordPress 側の設定を行おう。

All in One SEO Pack をインストールしておこう
以降の設定は、WordPress のプラグイン All in One SEO Pack をインストールしていることが前提だ。使い方や全体の設定方法に関しては、『 All in One SEO Pack の設定方法と使い方』を参考にして欲しい。既に、リンク先記事に書いている通りに設定を行っている人は、ここは飛ばしてしまって構わない。

1−2−1.All in One SEO Pack の Social Meta 機能 の有効化

まず、管理画面から「All in One SEO → Feature Manager」とクリックして、All in One SEO の Social Meta 機能を有効化しておこう。

wordpress-facebook-5

Social Meta 機能が有効化されていると、管理画面の All in One SEO メニューの中に  Social Meta が追加されるのでクリックして設定画面にアクセスしよう。

wordpress-facebook-4

この画面でやることは、 Image Settings と Facebook Settings の設定だけだ。

一つずつ説明していこう。

1−2−2.Image Settings の設定

Image Settings は下図のように設定しよう。

wordpress-facebook-61

念のため、詳細を解説しておく。

  • 「Select OG Image Source」 をアイキャッチ画像に設定すると、Facebook でコンテンツがシェアされた場合、コンテンツ作成時にアイキャッチに設定した画像が Facebook のニュースフィードに表示されるようになる。
  • 「Use Default if No image Found」 にチェックを入れると、アイキャッチ画像が設定されていないページがシェアされた時に、下の ” Default OG Image ” に指定している画像が、ニュースフィードに表示されるようになる。
  • 「Default OG Image 」には、記事ページや固定ページ以外のページがシェアされた時に、ニュースフィードに表示させたい画像を設定しよう。ニュースフィードでは、画像は、横 470px × 縦 394px で表示されるので、縦横の比率を合わせておこう。
  • 「Use Custom Filed For Image」 は、WordPress 内にカスタムフィールドを作っている場合に、そのカスタムフィールドにも OGP を反映させたい場合に使うものだ。普通のブログで使うことは滅多にないので、分からなくても気にしないで良い。

1−2−3.Facebook Settings の設定

次に、Facebook Settings を設定しよう。下図と同じようにしておけば問題ない。

wordpress-facebook-72

確実に設定しておくべき項目は以下の2つだ。

  • 「Profile Admins ID」に、自分の Facebook アカウントの ID を入力すると、誰がそのサイトを運営しているのかを Facebook に知らせることができる。
  • 「Show Facebook Publisher on Articles」 に、Facebook ページの URL を入力しよう。ここを入力すると、Facebook も Google も、あなたのサイトが、どの Facebook ページと連動しているのかが分かるようになる。

ちなみに、Facebook プロフィールの IDを取得する方法は図解で後述する。その他の設定は上の通りにしておこう。

特に、「Facebook Object Type」 は blog に、投稿と固定ページの Obeject Type は Articles にしておかないと正常に動作しないので注意しよう。

「Show Facebook Author on Articles」 にチェックを入れると、WordPress のユーザー情報の Facebook の項に入力したアドレスが、記事のソース内に著者情報として表示されるようになる。表示させたい場合はチェックをいれよう。ユーザー情報の編集方法は、『覚えておきたいWordPressのユーザー権限の種類と登録・管理方法』で解説しているの、そちらを参考にして欲しい。

1−2−4.Facebook プロフィールIDの取得方法

Facebook のプロフィールIDを知る方法は簡単だ。まず Graph API Explorer にアクセスしよう。すると下記の画面が表示される。

この画面右上にあるボタンを「 Get Token → Get Access Token 」の順にクリックする。

次にポップアップが表示されたら「user_about_me」にチェックを入れ、「Get Access Token」ボタンをクリックしよう。

すると次のように「Graph API Explorer は次の情報を受け取ります。」と表示されるので「OK」を押す。

最後に画面右上の青色ボタンの「Submit」をクリックする。

これで上図のようにあなたのプロフィールID(=id)が表示されるのでコピーして使用しよう。

WordPress と Facebook の連携に関する設定は以上だ。

2.記事を作成する時の Social Meta の設定方法

ここまでの設定を行うと、投稿や固定ページ機能を使って新しいページを作る時に、ニュースフィードに任意の画像・タイトル・ディスクリプションを表示させるための Social Meta の設定を行うことができるようになる。

ここでは、その Social Meta を設定する方法をご紹介する。まず、投稿画面の一番下に「All in One SEO Pack」というメニューが追加されているはずなので確認してみよう。

wordpress-facebook-111

Social Meta の設定を行うには、下図の赤枠で囲っている 「Social Settings」をクリックすれば良い。

wordpress-facebook-10

入力項目に関して詳しく解説しておこう。

必須項目は以下の3つだ。

  • 「Title」には Facebook のニュースフィードに表示させたいタイトルを入力しよう。
  • 「Description」には Facebook のニュースフィードの抜粋に表示したい文言を入力しよう。
  • 「Image」で選択した画像が Facebook のニュースフィードに表示される。何も選択していない場合はアイキャッチ画像が表示される。

それぞれが、下図の画像の赤文字で示した部分に対応している。

wordpress-facebook-121

その他の設定に関しては、ほとんど使うことはないが念のため解説しておこう。

覚えなくても良いので読み流して頂いても構わない。

  • 「Custom Image」は、他に表示したい画像をアップロードする時に使う。
  • 「Specify Image Width & Height」は、カスタムイメージのサイズを指定するものだ。
  • 「Custom Video」は、シェアされた時に表示される画像の部分に動画を埋め込める機能だ。現在は、技術的なスキルがなければ、スムーズに利用することが難しい。今後、簡単に動画を編集するサービスや Custom Video を簡単に設定できるツールが出て来たら使ってみる価値があるかもしれない。今は、こういう機能もあるということを知っておくだけで十分だろう。
  • 「Facebook Object Type」は Article 以外に指定すると OGP が正常に動かなくなる可能性がある。ここを変更することは全くないと言って良いだろう。
  • 「Article Section & Tags」は、そのページに、Open Graph meta を追加するためのものだが、これを厳密に設定してもテストをしてみても全く効果がなかったので解説は割愛する。
  • 「Twitter Card Type」に関しては、WordPress と Twitter の連携方法の中で詳しく解説しているので、そちらで確認して欲しい。

以上が、Social Meta の設定方法だ。

ここまでの内容を実践して頂けたら、OGP と Social Meta は完璧に設定できるようになっているだろう。

WordPress の効果的な投稿方法を確認しておこう
WordPress での記事投稿時には、SEO 効果やソーシャルメディアの拡散効率を高めるためにやっておきたいことが、これ以外にも沢山ある。『集客効果を最大化するWordPressの投稿方法』の中でご説明しているので、実際に記事を投稿する時は、必ず目を通しておこう。

3.記事を更新時に Facebook ページに投稿

新しく良質な記事を作成したら、より多くの人にあなたのコンテンツを見てもらえるように、その都度 Facebook ページに投稿するようにしよう。何も設定していない時よりも Facebook での拡散効率が高くなっているはずだ。

方法は簡単で、Facebook ページの 近況欄に記事のURLを入力するだけで良い。

wordpress-facebook-17

URL を入力すると下図のように自動的に Social Meta で設定した OGP情報を読み込んで、画像とタイトル、ディスクリプションを表示してくれる。

wordpress-facebook-16

もし、画像を変更したい場合は、赤枠で囲ったボタンをクリックして選ぶことができる。又は、「画像をアップロード」から別の画像を指定することもできる。

それぞれを調整して「投稿する」をクリックしたら、記事がFacebookページに投稿される。

Facebookページへの投稿の自動化プラグイン
Jet Pack のように、WordPress で記事を公開したと同時に自動でFacebookページへ投稿してくれるプラグインがある。興味があれば導入しても良いだろう。ただし、Facebookページは稀に、投稿時に不具合が起こる場合があるのでバズ部では導入していない。

まとめ

WordPress と Facebook の連携方法は以上だが、これ以外にも冒頭でご紹介したWordPress に LikeBox といいね!ボタンの設置も忘れずに行っておこう。

また、これらの連携の設定をしただけで、シェア数が爆発的に伸びるわけではないということも理解しておこう。

あなたの記事が、どれだけ多くの人にシェアされるかは純粋にコンテンツの質に依存する。

誰の役にも立たないコンテンツでは、誰もわざわざシェアしようとはしてくれない。逆に、それを読んだ人の生活の質が上がるぐらいに徹底的に良質なコンテンツを継続して届け続けていれば、あっという間にシェアもFacebookページのファンも拡大していく。

いくら設定だけ完璧にしても、価値あるコンテンツを継続して提供しなければ、何も生まれないことを再度認識しておこう。良質なコンテンツの提供に全力を注いで欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バズ部のWordPress無料オリジナルテーマ

cta_extension” Xeory (セオリー)”は、バズ部のノウハウをしっかり詰め込んだ、コンテンツマーケティングに特化したWordPressのテーマです。Xeory はWEBマーケティングで結果を出すために次の3つの特長を備えています。

  • ・お問合せなどにつなげる導線の実装が簡単
  • ・ソーシャルメディアと連携する仕組みが導入済み
  • ・内部構造をSEO化にこだわって徹底して改善

世の中に良質なコンテンツが溢れることを想い、テーマは無料でご提供しております。まずはダウンロードしてお試しください。


Xeory テーマを見る

最新の記事情報が取得できます

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

  1. いつもわかりやすい記事をありがとうございます。

    Social MetaのFacebook Settingについて、フェイスブックとワードプレスの連携がうまくいかず、何日もパソコンとにらめっこしている状態ですので…ご教授いただけるととても嬉しく思います。

    現在、Open Graph Object Debuggerでは以下のようなエラーが表示されています。

    Object at URL ‘http://handbell.biz/’ of type ‘article’ is invalid because the given value ‘116831195334156’ for property ‘fb:admins’ could not be parsed as type ‘fbid’.

    私は、個人ページではなく、サイト名で作ったフェイスページのアカウントを連携しようとしています。

    エラーの原因はFacebookのプロフィールIDが間違っていることかと思い、記事通りGraph API Explorerで調べたUser IDのほかにも、App ID、ページIDと試しに入力してみましたが、どちらも同様のエラーが出て連結できません。(現在はプロフィールIDを入力した状態です。)

    サイト名で作ったフェイスページの場合、FacebookのプロフィールIDには何を設定すればよいのでしょうか。また、原因がFacebookのプロフィールIDでないのであれば、何が原因として考えられるでしょうか。

    Scan Social Metaで調べても重複したメタタグはありません。プラグインの干渉か、もしくは使用しているテーマ(賢威)とこのプラグインの相性の問題か…。八方塞がりの状態ですので、何かしらヒントをいただけるととても嬉しく思います。

    何卒よろしくお願いいたします。

    1. nanaさん、コメントありがとうございます。

      「Show Facebook Publisher on Articles」に作成したFacebookページのURLを入力していますでしょうか?
      また「Profile Admins ID」には当記事の解説通り、ご自身の Facebook アカウントの IDを入力してください。

      ちなみにこのような記事も参考になりませんでしょうか↓
      http://kcszk.com/blog/archives/1710

  2. 返信いただきまして、ありがとうございます。

    「Show Facebook Publisher on Articles」にはFacebookページのURLを入力しています。「Profile Admins ID」にも再度Facebook アカウントの IDを入力しましたが、連携できませんでした。

    紹介していただいた記事も参考にさせていただきましたが、解決できず…。結局、OGPにAll in one SEO Packを使わないことにしました。

    ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。m(__)m

    1. nanaさん、返信ありがとうございます。
      あとテーマを独自開発された会社様のQ&Aを確認したり、直接お問い合わせはしましたでしょうか?
      それでも使用できなかった場合、その内容を当記事の読者様にも紹介したく思います。

  3. こんにちは、岡崎と申します

    まだワードプレス初心者で申し訳ありませんが、バズ部さんのテーマでブログ作成を始めておりましてご質問がございます

    All in SEO packにてFACEBOOK項目を設定しておりましたが、重複スキャンをしたところ以下エラーが出ており改善できません

    Duplicate Facebook Meta Title
    Duplicate Facebook Meta Type
    Duplicate Facebook Meta Description
    Duplicate Facebook Meta Url
    Duplicate Facebook Meta Sitename

    別のテーマで使用したかったため、現状ワードプレスは二つあり、そちらにも
    All in SEO packをインストールしております

    この状態だと上記内容のエラーが出てしまうのでしょうか?

    1. 岡崎さん、コメントありがとうございます。

      Xeoryテーマは「All in one SEO Pack」のインストールを推奨しておりません。
      こちらをご確認ください。
      https://xeory.jp/xeory-plugin/

      またXeoryに関するお問い合わせはXeory公式サイトでお願いします。
      (申し訳ございませんが、バズ部では承っておりません)