WEB担当必見!マーケティングの参考になる国内外の厳選ブログ24選

20160502-98
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログは、ソーシャルメディアマーケティングにおいて、コンテンツプラットフォームとして、決して欠かすことはできない。

なぜなら、コンテンツ(ブログ)のないソーシャルメディアマーケティングは、どう足掻いても成功はできない。

また、ソーシャルメディアを併用しないコンテンツマーケティングも成功の見込みは薄い。

そこで、本日は、ユーザーにとって、特に役立つコンテンツを提供し続けている、国内外のブログを厳選して25個ご紹介する。

海外マーケティング系ブログ5つ

まずは、マーケティング系のブログをご紹介する。ブロガーのみならず、企業のソーシャルメディア担当の方は必見のものばかりだ。

Social Media Examiner

socialmediaexaminer.com

Social Media Examiner は、ブログ開始後、わずか5ヶ月で、ランキングサイトのTechnoratiによって、全米ナンバーワンのスモールビジネスブログに選ばれた。そして、一年で、1億円の売上を生み出したブログだ。

中でも私のお気に入りのコンテンツは、著名人へのインタビュー動画だ。FordやHPなどの大企業のソーシャルメディア担当者や、スモールビジネスオーナーに対して、ソーシャルメディア活用術をインタビューしているのだが、これが非常に役に立つ。

Copyblogger

copyblogger.com/blog

?Copyblogger.comのFounderであるBrian Clarkは、2000年代前半から、数々のブログを立ち上げ成功させてきた。Copybloggerは、彼の数々な経験の集大成だ。キラーコンテンツの見せ方や、マネタイズのためのサービスの企画術など、このブログから学べることは非常に多い。

Problogger

problogger.net

ProbloggerのDarren Rowse は、2002年からフルタイムブロガーとして生計を立てている人物だ。彼は、Problogger以外にも、Digital Photography School や、Twitip などのブログを運営していて、数々のジャンルのプロモーション/マネタイズを成功させている。

Social Media Explorer

socialmediaexplorer.com

Socialmedia Explorer は、Jason Fallsが運営しているソーシャルマーケティングブログだ。はっきりと目的意識を持ったブログコンテンツ/レイアウトは一見の価値ありだ。

The Content Marketing Revolution

blog.junta42.com

Junta42のJoe Pulizzi は、at&tなどの大企業に対してコンテンツマーケティングのコンサルティングを提供している一流のコンサルタントでもあり、著者でもあり講演家だ。

先日、某大企業がFacebook広告の費用が回収できないと言っていたが、その理由は単純で、ユーザーに有益なコンテンツを提供していなかったからだ。あなたが、コンテンツマーケティングの情報を求めているのなら、このブログをチェックしよう。

様々なジャンルの海外ブログ5つ

 次にご紹介するブログは、全て、マーケティング/ビジネス系以外スモールビジネスのブログだ。ブログを用いたソーシャルメディアマーケティングが、どんなジャンルにでも有効だということが分かる。

The Oatmeal

theoatmeal.com

TheOatmealは、大人気イラストレーターのMatthew Inmanのコミックブログだ。彼は、この仕事が楽し過ぎて、ほとんど寝ずにイラストばかり書いているようだ。結果、一度の更新で数千万もの「いいね!」や「ツイート」をしてもらえるブログになった。

Talk to Me in Korean

talktomeinkorean.com

Talk to Me in Korean は、仲良しの韓国人留学生のグループが始めた韓国語を覚えるためのブログだ。Youtubeや、Facebook、Twitterとの連携の方法はもちろん、オリジナルコンテンツの販売というマネタイズも非常に参考になる。

Fluent in 3 month

fluentin3month.com

Fluent in 3 month の Benny Lewis は、あらゆる言語をたった3ヶ月でマスターできるという人物だ。彼は、自分が3ヶ月で、あらゆる言語を話す仮定をブログで公開している。どうやら、現在は、中国語を覚えるために、中国を旅しているようだ。

Ana White HomeMaker

ana-white.com

Ana White は、アラスカの女性大工だ。彼女は、ブログもソーシャルメディアも何も知らなかったにも関わらず、このブログを始めて、たったの3ヶ月で10万を超えるアクセスを記録した。その理由は、このブログに出ているコンテンツを見ると一目瞭然だ。

詳しくは、「ソーシャルメディアマーケティングの7つの成功モデル」を参照して欲しい。また、個人的に、私は今、彼女のPinterestマーケティングに、最も注目している。

zenhabits

zenhabits.net

zenhabitsは、クリエイターでもありライターでもあるLeo Babuta のブログだ。彼は、ZENの教えに則った、ストレスを最小限にして、生産性を最高にするライフスタイルを提言している。そして、そのためのコツやノウハウをブログで公開し、瞬く間に25万人ものフォロワーを得た。

海外の大企業ブログ5つ

 次に、大企業ブログで、高い成果を出しているものをご紹介する。これらを見ると、ソーシャルメディアが大企業のブランディングに効果的だという事実を肌で感じることができる。

Ford Social

social.ford.com

企業ブログは数多くある中で、Fordは、ブログマーケティングが抜群に上手い。忠誠心の高いユーザーを生み出す仕組みが、このブログには満載だ。特に、ユーザー体験を共有するためのユーザー投稿型のコンテンツは飛び抜けて良い。

このブログによるFordのブランディング効果は計り知れないものがある。

American Express Open Forum

openforum.com

openforum は、AMERICAN EXPRESSが運営するコンテンツブログだ。マーケティング/マネジメント/テクノロジーなど、9種類のコンテンツが用意されており、記事の一つ一つがとても参考になるものばかりだ。

Hub Spot

blog.hubspot.com

Hub Spot Blogは、インバウンドマーケティングのソリューションを提供して、急成長しているHub Spot社のブログだ。このブログを研究するだけで、Hub Spot が、どのように見込み客を獲得し、セールスに繋げているのかが手に取るように分かる。

Sharpie

blog.sharpie.com

Sharpieは、カラフルなペンを販売しているメーカー企業だ。ブログでは、創造性を刺激するコンテンツを頻繁に提供しており、このブログを見るとsharpieの製品を使って、今すぐに絵を描いてみたくなる。

Idea Paint

ideapaint.com/blog

Idea Paint は、自由に絵を描くことができる壁紙を提供している企業だ。ブログでは、この壁紙を使った様々な活用例を提供している。このブログを見ていると、オフィスをIdea Paintにしたいという欲求が湧いてくる。

日本国内の注目ブログ10個

 最後に、注目の国内のブログを10個ご紹介する。定番のものばかりだが、改めて確認しておこう。

ガイアックスソーシャルメディアラボ

gaiax-socialmeidalab.com

ガイアックスさんは、ソーシャルメディアに関する様々なソリューションを提供されている企業だ。ブログでもFacebookページやTwitterなどのソーシャルメディアツールの使い方や業界の最新情報など、ソーシャルメディアに関する質の高い情報を届けてくれるので、とても参考になる。

熊坂仁美.com

kumasakahitomi.com

『Facebookをビジネスに使う本』の著者、熊坂仁美さんのブログだ。いち早くFacebookの可能性に気付いた方でもあり。新しいソーシャルサービスの情報などを出されるのが早い。最近では、私も好きなPinterestに関する情報が多い。

Social Media Experience

socialmediaexperience.jp

日本のソーシャルメディア事情を、非常に分かりやすく解説されているのが、このSocial Media Experience さんだ。個人的にも、昨年から良く参考にさせて頂いている。

ソーシャルメディアマーケティングラボ

smmlab.aainc.co.jp

有名なモニプラのアライドアーキテクツ株式会社が運営しているブログだ。私は、このブログで、特にお気に入りなのは、定期的に更新されている「ソーシャルメディアキャンペーン情報のまとめ」だ。そのおかげで情報のチェック漏れが少なくなった。

秋田県webデザイナー

endoutakae.com

WEBデザイナーの方で、人気のブログは非常に多いが、こちらの秋田県WEBデザイナーさんは、新しいものだ。そのコンテンツの質の高さには脱帽だ。

Web クリエイターボックス

webcreatorbox.com

Webクリエイターボックスさんは、あらためて紹介する必要もないぐらい有名なブログだ。最近、運営されている方が、体調を崩されたが少し回復したようだ。ブロガーは、応援メッセージを頂けるととても嬉しいので、ファンの方は、応援メッセージを送ってみては?

バンクーバーのうぇぶ屋

webya.opdsgn.com

web creator boxのMANAさんと同じくバンクーバーに住むエンジニアのSennaさんのブログだ。デザインや、配色、WEB制作などに関して、非常に役に立つ記事が多い。

パシのSEOブログ

jweb-seo.com/blog/wordpress/

コンテンツさえしっかりと作っておけば、SEOに関して、あまり深く知らなくても、自然と検索順位は上がる。しかし、もっと効率的なSEOを知りたい方は、このブログが役に立つ。

みんなで学ぶわいわい英会話

waiwaienglish.com

日本に英語ブログは数多くあるが、こちらのわいわい英会話さんは、音声と動画を付けて英会話上達法を話されていて、とても勉強になる。膨大な量の動画と音声を取る労力には、頭が下がる。

日本では、ソーシャルメディア関連以外のブログで、うまくソーシャルと連携しているものは、まだ少ないが、どんなジャンルにでもチャンスがあることが分かる。

最後に

 国内/海外ともに、他にも、有名ブログ、参考になるブログは数多くある。

これらをブログ単体として見るのではなく、FacebookやTwitter、YouTubeなどの、その他のソーシャルメディアツールと、どのように連携しているのかという点にも注目してみよう。

そこから得られる生きた学びは、どんなセミナーや交流会にも、引けを取らないほど貴重な情報となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バズ部のWordPress無料オリジナルテーマ

cta_extension” Xeory (セオリー)”は、バズ部のノウハウをしっかり詰め込んだ、コンテンツマーケティングに特化したWordPressのテーマです。Xeory はWEBマーケティングで結果を出すために次の3つの特長を備えています。

  • ・お問合せなどにつなげる導線の実装が簡単
  • ・ソーシャルメディアと連携する仕組みが導入済み
  • ・内部構造をSEO化にこだわって徹底して改善

世の中に良質なコンテンツが溢れることを想い、テーマは無料でご提供しております。まずはダウンロードしてお試しください。


Xeory テーマを見る

最新の記事情報が取得できます

Facebook

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Twitter

「フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

  1. ブログはこれからFacebookやTwitter、YouTubeなどの、その他のソーシャルメディアツールと連携していくためのプラットフォームという位置づけだと思います。

    1. Kameiさん

      コメントを頂きありがとうございます。その通りです!ブログは、コンテンツのプラットフォームとして欠かすことはできないツールです。それは、個人ビジネスでも中小企業でも大企業でも変わらないですね。

  2. Every weekend i used to go to see this site, for the reason that i
    wish for enjoyment, since this this site conations
    genuinely pleasant funny information too.

    1. Thank you ! We are going to post often when ready !

  3. Nice weblog here! Also your website loads up very fast!
    What web host are you using? Can I am getting your affiliate hyperlink in your host?

    I desire my site loaded up as fast as yours lol

  4. macbook repair penang

    Hi to all, it’s in fact a fastidious for me to visit this web page, it consists of helpful Information.

  5. Why viewers still make use of to read news papers when in this technological
    globe all is existing on net?

  6. I all the time used to read paragraph in news papers but now as I
    am a user of internet so from now I am using net for articles, thanks to web.

  7. For most recent information you have to pay a quick visit world wide web and on world-wide-web I found this website as a finest web page for most up-to-date updates.